成田祇園祭について教えて。その歴史や日程、見どころは?

祇園祭といえば、京都というイメージがある方も多いと思いますが、
実は千葉県の成田市でも祇園祭が催されます。

成田の夏のお祭りとしても人気のこの成田祇園祭。

京都の祇園祭とかわらず、活気にあふれた成田祇園祭について
今回はご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

成田祇園祭はどんなお祭り?

成田祇園祭は、7月7・8・9日に直近の金・土・日曜日の
3日間にわたり開催される成田市の祭礼行事です。

運行表も要チェックです。

1日目 → 成田山の総本堂前
2日目 → JR成田駅前
3日目 → 成田山の総本堂前

となっています。

成田山新勝寺の成田山祇園会に時期に合わせて行われます。

01

成田山と旧成田の全町が参加するかなり大規模なお祭りで、
神輿を渡御し、合わせて10台の山車や屋台が一斉にくりだします。

その歴史は、享保6年の6月8日に権現の祭礼を行ったことで、
都合によって中止になっていたものを奉行所に願い出て、
許可を得て、再び行われるようになったと言います。

ですから、歴史的には300年以上も続くというわけです。

そんな成田祇園祭へは、JR成田駅、京成成田駅から徒歩10分となります。

成田山祇園祭の日程や見どころは?

今年の成田山祇園祭は、7月10日(金)11日(土)12日(日)の3日間です。

その見どころをご紹介すると、
やはり成田祇園祭といえば、山車と屋台です。

このお祭りでは屋台には、歴史上の人物をモチーフとした人形が乗っておらず、
乗っている物が山車と呼ばれています。

最終日には、山車と屋台が集結して成田山の坂道を登る
総引きと呼ばれる行事があります。

その迫力は、今までに体感したことがないものかもしれません。

また総踊りは、山車や屋台ごとに独自のお囃子を奏でて踊るイベントで
他のお祭りとは比べ物にならないほどの人数で迫力満点です。

成田祇園祭を楽しむためのオススメホテルは?

では、最後に成田祇園祭を楽しむための
おすすめホテルもご紹介しておきましょう。

いくつかある宿泊施設の中でもオススメは
成田山門前旅館 若松本店です。

成田山新勝寺正門前にある老舗の旅館で、
お祭りの雰囲気をたっぷりと味わうことができます。

お値段も比較的リーズナブルなので
ぜひ、チェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、成田祇園祭についてご紹介しました。

成田と言えば成田山が有名ですね。
成田山祇園会と合わせて楽しみたいものです。

今年は、家族で足をはこんでみませんか?