三沢基地航空祭について教えて。
気になる日程や見どころ、穴場は?

日本全国で多くの航空祭がおこなわれていることをご存知でしょうか?

あまり興味がないからくわしいことは知らない
という方もいると思いますが、じつは、行ってみると
飛行機に興味がない人でも楽しめるイベントなんです。

たくさんある航空祭の中でも今回は、
「三沢基地航空祭」について、ご紹介しようと思います。

三沢基地航空祭

三沢基地はどんな基地?

三沢基地は、航空自衛隊で唯一の
日米共同使用航空作戦基地となっています。

航空自衛隊の第3航空団では、対地対艦攻撃能力に
優れたF-2戦闘機や米軍第35戦闘航空団では、
ワイルドウィーゼル任務があるF-16戦闘機などが
展開している北部防衛の最前線といえる基地です。

三沢基地航空祭とは?

そんな三沢基地で行われる三沢基地航空祭は、
空自機だけでなく、米軍の全面協力により第5空母航空団の艦載機や
海外に展開する米軍機などの航空機の飛来を楽しむことができます。

日本国内ではなかなか見る機会のないB-52戦略爆弾機が
グアムから着たり、フライバンを行ったこともあります。

また、皆さんが楽しみにしているブルーインパルスの
曲技飛行も実施される予定となっています。

さらに隣接している青森県三沢航空科学館も楽しめます。

展示物は子ども達でもわかりやすいように展示されているので
家族で行っても楽しむことができるでしょう。

今年の三沢基地航空祭の日程は、9月13日(日)となっています。

入場は無料で、特設観覧席は有料となっています。

開催時間は9時から3時です。

  [スポンサードリンク]

三沢基地航空祭の穴場を教えて。

そんな三沢基地航空祭に行きたいけれど、混雑は避けたいと
思っている方にお勧めの穴場もご紹介しておきましょう。

三沢基地航空祭では、一般車両が基地内に入ることができません。

市内に指定駐車場が用意されていて、
そこからの有料巡回バスも利用可能となっています。

とはいえ、やっぱり近くて便利な方がいいという方には
穴場の有料駐車場が便利です。

ひとつめは三沢市営駐車場です。

こちらは、駐車台数が50台で1時間100円とリーズナルなので
早めにいけば駐車できるかもしれません。

ぜひ、チェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、三沢市営駐車場についてご紹介しました。

9月開催が決定したという事で、まだ残暑が厳しい時期。

熱中症対策と紫外線対策をしっかりしてお出かけしてください。

他とは違うアメリカの雰囲気も楽しめる
三沢基地航空祭をぜひお楽しみください。