勝毎花火大会について知りたい!
2015年の日程や見どころ、穴場は?

夏と言えば、花火大会!

今年は、どこの花火大会を見に行こうかもう決まっていますか?

まだ、決まっていないという方は、夏の旅行と一緒に
帯広で行われる勝海花火大会に行ってみてはいかがでしょうか?

今回は、勝海花火大会について
日程などの詳細をご紹介しようと思います。

勝毎花火大会

今年の勝海花火大会の日程は?

それでは、さっそく勝海花火大会の日程など詳細をご紹介しましょう。

今年の勝海花火大会は、8月13日(木)に開催予定となっています。

打ち上げ時間は、夜7時30分~8時50分まで。

荒天の場合は、翌日の8月14日(金)に延期予定です。

場所は、北海道帯広市東2条北ほか、
十勝大橋下流400m付近、
十勝川河川敷特設会場となります。

アクセスは、JR根室本線帯広駅から徒歩20分です。

シャトルバスもあり、JR帯広駅北側から大通南4丁目となります。

勝海花火大会の見どころは?

つぎに気になる勝海花火大会の見どころについてもご紹介しましょう。

この花火大会の特長と言えば、それぞれテーマの違う
6部のステージに分けられていて、そのそれぞれで花火や照明、音楽が
三位一体となってパフォーマンスとなってると言っていいでしょう。

演出の豪華さは国内随一ともいわれています。

さらに大会のグランドフィナーレは「錦冠」です。

大きな尾を引くすい星のような花火が夜空を駆け上がる姿は
一度は見ておきたいものでしょう。

約2万発の花火が打ち上げられるかなり豪華で迫力のある
花火大会となるので、北海道旅行とともに楽しみましょう。

  [スポンサードリンク]

勝海花火大会の穴場スポットは?

そんな勝海花火大会ですが、やはり人混みを避けて
ノンビリと鑑賞したいと思っている方も少なくないでしょう。

そこで穴場スポットもご紹介しておきましょう。

ひとつめは、すずらん大橋と橋の下の河川敷でしょう。

ここは打ち上げ会場からは少し離れている場所ですが、
間には景色を遮るような場所もないので花火はキレイにみえます。

河川敷なのでトイレもあるのでお子さんといっしょでも
安心して楽しめるでしょう。

もう一つは、札内ガーデン温泉展望台です。

十勝の大自然をパノラマで楽しむことのできる展望台なのですが、
花火が楽しめるということで穴場スポットとなっています。

その展望台が花火大会の日には無料開放されます。

入館料だけで、ゆったりと花火を楽しむことができるのでおすすめです。

そして、有料席も用意されています。

ファミリー席やペア席、個人席などが準備されていますので
事前に予約をしてゆったりと楽しみたい方にお勧めです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は勝海花火大会について御紹介しました。

広大な北海道で打ち上げられる花火は
ほかとはまた違った楽しみがありそうです。