あかぎれって何?原因は?どのように治療するの?

あかぎれと言えば、冬場になるものと思っていましたが、じつは夏でもあかぎれになることがあるんですって。

皮膚に亀裂のようなものができ、痛くて日常生活にも影響があることも多いあかぎれ。

そんなあかぎれについて、詳しくご紹介しようと思います。

shisshin11-1-1

あかぎれって何?

あかぎれについてご説明する前に、まずはヒビについてご説明しようと思います。

ヒビは、手足が乾燥して皮膚がカサカサに荒れた状態です。

皮膚の弾力がなくなって、小さなひびが出来てきたり、皮膚の溝に沿って割れてしまうことがあります。

さらに乾燥のせいで強いかゆみを感じることもあります。

このヒビ割れ状態がさらに悪化すると「あかぎれ」になるのです。

ひび割れが真皮層まで達してしまい、血管が透けて見えたり血がにじんでしまうこともあります。

ピリピリとした痛みもあり皮膚は固くゴワゴワになってしまいます。

  [スポンサードリンク]

あかぎれの原因は?

冬場だけでなく夏にも発症することがあるあかぎれ。

その原因は、どこにあるのでしょうか?

先ずは、冬場になるあかぎれの原因ですが、それは気温の低下や乾燥です。

冬になる外の気温が低下してくると、毛細血管が収縮してしまいます。

すると指先の血行が悪くなってしまいます。

血行が悪いと細胞に十分な栄養が届かなくなるので皮膚のターンオーバーが乱れてしまいます。

このため肌を保護する働きがある油分までも分泌が減ってしまい指先などが乾燥し、油分不足でひび割れが起きてしまうのです。

また、空気が乾燥することで肌表面の水分までも奪われてしまうのでバリア機能が低下してひび割れの原因となってしまいます。

もう一つは夏でも発症するあかぎれの原因ですが、それは普段使っている石けんやシャンプー、洗剤なんです。

頻繁に手を洗うことの多いお仕事の人などに多いのですが、石鹸や洗剤に触れることが多いので、皮脂の油分や角質をあらいながし過ぎて皮膚のバリア機能が低下してしまうからなんです。

あかぎれの治療法は?

それでは、あかぎれができてしまったらどのように治療したらよいのでしょう。

冬のあかぎれの場合は、何よりも乾燥から守ることが一番大切です。

そこで、使うのはワセリン

値段も手頃で簡単に手に入りますから常備しておくと便利です。

ワセリン自体に保湿効果はないので、ハンドクリームなどで保湿したうえにワセリンを塗って、水分が逃げ無いようにすればいいのです。

ハンドクリームだけを単体で使うよりも、ワセリンと併用することで潤いをしっかり閉じ込めることができます

さらに寝るときなどは白い綿の手袋をつけて寝ると回復も早いでしょう。

このようにあかぎれは、普段すこし気をつけることで予防できますが、仕事上どうしても予防ができないなどという方は適切な治療を早めにしましょう。