足の水ぶくれについて知りたい!原因は?治し方は?

皆さんは、足の水ぶくれが出来たことはありますか?

突然出現した足の水ぶくれをどうしたらいいのかわからないと悩んだことがあるのではないでしょうか?

そこで今回は、足の水ぶくれについて、その原因や治し方についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

足の水ぶくれの原因は?

足の水ぶくれができる場所は人それぞれだと思います。

足の親指、側面、裏などいろいろあるでしょう。

そんな足の水ぶくれの原因も気になります。

足の親指に水ぶくれの原因は、痛みがある場合は靴擦れ

痒みがある場合は、水虫あせもです。

足の側面の水ぶくれの原因は、やっぱり水虫が多いでしょう。

水虫は指の間のイメージがありますが、水ぶくれをつくる水虫は小水疱型水虫といいます。

水ぶくれの周辺にはかゆみがあります。

そして、足の裏にできる水ぶくれは、掌蹠膿疱症という病気が原因となっている場合も多いです。

足の水ぶくれの治し方は?

水ぶくれの治し方はどうしたらよいでしょうか?

水ぶくれをつぶさないでできる処置方法もあります。

つぶすと外部からの細菌で感染してしまうので傷が悪化してしまいます。

けれども、つぶさない状態で長い間水ぶくれがあると、中に溜まっている液が劣化して治癒能力が落ちてしまいます。

ですから、水ぶくれを潰した後に患部を清潔に保てるなら
潰してなおした方が治りが早い
です。

水ぶくれをつぶした後のケア方法ですが、まずは患部を水道水でよく洗って、中の液を出したら、薄皮も綺麗に取り除きます。

そして患部をもう一度水道水で綺麗に洗ったら、絆創膏やキズパワーパッドなどで覆っておきましょう。

48-1

水虫による水ぶくれの場合は?

水虫の場合は、その種類を調べるためにも早めに病院を受診しましょう。

水ぶくれで病院に行くと、水虫の原因菌があるか調べます。

水虫の原因菌が見つかったら、塗り薬や飲み薬などが処方されます。

市販の塗り薬もありますが、水虫の種類によって効果のある薬とない薬がありますので、病院で処方してもらう方がよいでしょう。

水虫は、放置しておくと何度も繰り返したり、家族などに移してしまうこともありますので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

みなさんも足の水ぶくれの経験があるかもしれませんが、その原因もいろいろあるのですね。

原因によっても対処法が違いますから、しっかり自分の症状を見極めて病院に行く必要がある場合は早めに受診しましょう。