大丈夫?夏の赤ちゃんの服装!寝る時、室内、外出時の着せ方

暑い夏がもうそこまで来ていますね。

日本の夏は、湿気が多くてじめじめ・・・

大人でも不快感を覚える夏は、赤ちゃんにとってはつらい時期。

ですから、ちいさな赤ちゃんがいるお母さんにとっては、
夏の赤ちゃんの服装は一番気になることではないでしょうか?

そこで、今回は夏の赤ちゃんの服装について、
就寝時、室内で過ごす時、外出時に分けてご紹介していきましょう。

  [スポンサードリンク]

夏の赤ちゃんの服装「就寝時」

それでは、先ずは就寝時の服装からご紹介していきましょう。

夜寝るときは、ある程度気温も下がってきているので
日中ほど暑くはないでしょう。

ただ、赤ちゃんは大人よりも汗っかきです。

また、寝ている間もベッドの中で活発に動く赤ちゃんは
布団やタオルケットなどをはがしてしまうことが考えられます。

そこで、汗をよく吸収してくれるロンパースやショートオールなどの
つなぎの肌着一枚で過ごす様にしましょう。

できれば、着古した肌着があれば、それがオススメです。

何度も洗って着古した肌着は汗をよく吸収してくれます。

そして、寝汗をかいた時には、冷えやあせもの予防のために
こまめに着替えさせてあげましょう。

夏の赤ちゃんの服装「室内で過ごす時」

暑い夏は、赤ちゃんの日中の外出は避けることが多いので
室内で過ごすことが多くなるでしょう。

そんな時は、どのようは服装を着せたらいいのでしょうか?

月齢に関係なく、できるだけ通気性の良いものを選びましょう。

産まれたから半年ぐらいまでの赤ちゃんの場合には、
コンビ肌着1枚で過ごすと良いでしょう。

気温によっては短肌着もあると良いでしょう。

そして、生後半年から8か月ごろまでの赤ちゃんは
ハイハイをすることも多いので、肌着だとはだけてしまいますから

ロンパースやボディスーツを1枚で着せてあげましょう。

さらに1歳までの赤ちゃんの場合は、つかまり立ちなども始まりますので、
歩きやすい服装でロンパースや半袖半ズボンを合わせてあげましょう。

夏の赤ちゃんの服装「外出時」

p2179_03

夏といえば、お父さんが夏休みということで
旅行などの外出もありますね。

そんな時は、どのような服装がよいでしょう?

家の中では肌着一枚で過ごした赤ちゃんも
外出時はちょっとおしゃれをさせたい。

そこで、生後半年までの赤ちゃんにはおむつ替えのことも考えて
前開きのロンパースがオススメ。

ただ、建物内は冷房で寒いこともかんがえられますので
軽いカーディガンなども羽織れるように準備しておきましょう。

半年から1歳ぐらいの赤ちゃんには、
Tシャツと半ズボン、またはスカートがオススメ。

女の子ならワンピースもオススメです。

ふだん着ているロンパースにしただけ半ズボンや
スカートをプラスするのも良いでしょう。

どちらにしても羽織れるものや帽子は忘れずに。

まとめ

いかがでしたか?

夏の赤ちゃんの服装って意外に悩みますね。

大人とは気温の感じ方も違い、汗をよくかく赤ちゃんですから
外出時には必ず着替えを持参する様にしましょう。

こまめな着替えや温度調節も大切です。