意外とむずかしい!秋の赤ちゃんの服装。月齢別でご紹介

秋といえば、夏の暑さもひと段落でほっとする時期。

とはいえ、まだまだ暑い日もあれば、暖かく過ごしやすい日、
そして、肌寒い日と目まぐるしく気温が変わるので
小さな赤ちゃんがいるお母さんにとっては、
服装選びでなやむ時期でもあります。

赤ちゃんとのお出かけも増える秋。

体温調節がしやすい服装でオシャレに着回せる服装を
今回は月齢別でご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

秋の赤ちゃんの服装「新生児から2か月ごろ」

生まれて間もない赤ちゃんは、まだまだ体温調節が
上手にできないので周りの環境によって体温が上下します。

ですから服装にも注意が必要です。

また、この時期はまだほとんど体を動かさないので
自分で体温をあげることが出来ません。

そこで大人がちょうど良いと思う服装プラス1枚着せるようにしましょう。

オススメは、カバーオール

肌触りの良いパイル時やダブルガーゼの物を選んであげると良いでしょう。

そしてカバーオールの下に肌着1枚とインナーを1枚着せましょう。

その日の気温によって着せる枚数は調節するようにしましょう。

また、外出時には、薄手のおくるみがあると便利です。

秋の赤ちゃんの服装「2か月~ハイハイ前」

20120908105810_281

このころの赤ちゃんはだんだんと
筋肉もついてきて、よく動くようになります。

そして新生児期よりも体温調節が出来るようになってきています。

ですからこのころの赤ちゃんは大人がちょうど良い
と感じるのと同じくらいで良いでしょう。

この時期は赤ちゃんが活発に動きますから、
手足が動かしやすいデザイン
選んであげるとよいでしょう。

オススメは、長袖のTシャツの下に肌着を1枚。

その上に長ズボンやオーバーオールを着せてあげましょう。

また、寝るときの服装にも注意が必要です。

この時期は、意外と赤ちゃんは汗をかきますので
汗をよく吸収するパジャマを着せてあげましょう。

秋の赤ちゃんの服装「ハイハイ~あんよまで」

00005923-p08

この時期の赤ちゃんはより活発に動くようになってきます。

ですから、秋でも汗をかくことが多くなります。

ということで、大人がちょうどいいと感じる服装より1枚少なくてOKです。

そして、こまめに着替えをさせてあげることが大切です。

ですから着替えが簡単なデザインの服装がオススメです。

おすすめは、長袖Tシャツの上に半袖Tシャツを重ね着したスタイル。

またパンツはスウェットパンツ、
女の子はレギンス等をはがせると動きやすいでしょう。

重ね着させておくと、調節ができるのでとっても便利です。

外で遊ぶときなどは、寒くなることを考慮に入れて
ナイロンパーカーなどを一枚持って出かけると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、秋の赤ちゃんの服装をお届けしました。

秋とはいっても、まだまだ気温の差が激しいので、
お母さんの感覚を頼りにプラス1枚、マイナス1枚と調節してあげましょう。