戌の日の御参りにふさわしい服装は?(女性編)

妊娠して5か月が過ぎたころ、戌の日の御参りに行きますね。

家族や親戚と地元の小さな神社へ行き、安産祈願をしたり、
有名な水天宮に出かけてお祈りをする方もいるでしょう。

そんな戌の日の御参りですが、どのような服装で
行けばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は戌の日の御参りにふさわしい
女性の服装についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

戌の日の御参り「基本の服装」

戌の日の御参りは神社へお参りに行きますから
正装しないといけないの?

そう思っている方も少なくないでしょう。

けれども戌の日の御参りは正装でなくても大丈夫です。

とくにお腹が出てくる時期の妊婦さんは、体を締め付けない
楽な恰好が一番といえるでしょう。

戌の日 服装 女性

御祈祷自体はあまり時間がかかりませんが、
戌の日が週末と重なる場合などは、
待ち時間が長くなることもあります。

ですから、妊婦さんの体調を考えた服装がいちばんでしょう。

もちろん、肌の露出が多い物や派手な色の物は避けておきましょう。

戌の日の御参りの服装「夏編」

夏は暑くなりますので、お腹が大きくなり出している
妊婦さんにとってはちょっと服装選びも悩むところでしょう。

この時期オススメの服装はさらっとしたワンピースに
レギンスを合わせたコーディネイトです。

暑い場合にはレギンスは短いタイプを選ぶと良いでしょう。

ワンピースなら風通しも良いですし
何よりもゆったりとしていますので
この時期の妊婦さんにはオススメです。

戌の日の御参りの服装「冬編」

冬は寒さが厳しくなりますから、また大変ですね。

この時期に戌の日の御参りに行く場合には
どのような服装で行けばよいでしょう。

この時期は寒さや風邪対策を充分に考えて出かけたいものです。

オススメは、ニットのワンピース

ニットワンピースは伸縮性があるので、妊婦さんにもぴったり。

そして温かいのも嬉しいですね。

寒い時期ならタイツではなく、レギンスやマタニティ用のパンツを
合わせても着られますし、みためがきちんと見えるのも嬉しい。

もちろん、防寒用の下着などもしっかりとして、
全身が冷えないように注意しなくてはいけません。

まとめ

いかがでしたか?

戌の日の御参りですが、本人である妊婦さんは
お腹が大きくなる時期なので
できるだけ自分がリラックスできる服装がオススメです。

その代わりに、いっしょにいく周りの家族には、
男性ならスーツ、女性ならきちんとしたファッションで
来るようにお願いしておくと良いでしょう。