梅酒の作り方を知りたい!作る時期は?簡単な作り方は?

暑い夏になると氷を浮かべた冷たい梅酒を楽しみたい
と思う人は多いのではないでしょうか?

最近は、スーパーなどでも梅酒がパックに入って売られていますが
やっぱり自分で手作りした梅酒を飲みたいと思いませんか?

そこで今回は、梅酒の作り方について御紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

梅酒づくりの材料は?

それでは、先ずは材料からご紹介しましょう。

これは、作りやすい量です。

青梅1kg(梅の香りが強い方がお好みの場合は100gプラス)

氷砂糖500g(甘い方がお好みなら氷砂糖は1kgまで増やしてもOK)

ホワイトリカー1.8L(アルコール度数は35度以上がいいです)

5リットル瓶1個(ふたがきちんと閉まるもの)

竹串2,3本(青梅のヘタを取る為に使います)

以上が準備で来たら、早速梅酒作りを始めましょう。

梅酒の作り方

それでは、さっそく梅酒の作り方をご紹介します。

1)先ずは瓶の煮沸消毒をします。

  瓶に熱湯をすこしかけて回します。 

  その後、きれいな布巾で水分を拭き取ったら
  ビンの口を下にして乾燥させます。

2)青梅をキレイに洗います。

  流水で洗うと良いでしょう。
  丁寧にお水でひとつひとつ洗っていきます。

3)アク抜きをしましょう。

  硬い梅は1時間から2時間ほどたっぷりの水に浸けておきましょう。

4)綺麗に水気を拭き取ります。

  アク抜きの終わった梅をキレイなタオルで水気を拭きましょう。

5)青梅のヘタを取りましょう。

  水けを拭き取った梅を竹串を使ってヘタを一つ一つとっていきます。

6)青梅を瓶にいれて、つぎに氷砂糖を振りかけます。

  青梅と砂糖は半分ずつ入れていきましょう。
  最後は氷砂糖で終わりです。

7)ホワイトリカーを注ぎます。

  一気に注ぎこんでOKです。
  

8)あとは冷暗所に保存して待つだけ。

  約1年後から飲めるようになります。

これで出来上がり。簡単ですね。

梅酒 作り方

梅酒作りで気になること

ちょっと気になるのは、お砂糖は
黒砂糖を使ってもいいのかな?ってことです。

もちろん、使ってもいいのですが
黒砂糖独特の味が出るので好き嫌いがあります。

氷砂糖の場合はゆっくり溶けるので梅の成分がしみだして
速度とのバランスが良いので一番おすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

梅酒作りって楽しいですよね。

今回ご紹介した作り方は一般的な作り方で、
工程も少ないので初心者でも作りやすいと思います。

ぜひ、トライしてみてくださいね。