アボガドの育て方が知りたい!
鉢で観葉植物ように育てるには?

普段美味しく食べているアボカド。

大きな種が真ん中に入っていますが、この種から発芽させて
観葉植物用として育てることができることをご存知でしょうか?

せっかくなので育ててみたいという方のために、
今回はアボカドの育て方について御紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

アボカドってどんな植物?

アボカドは常緑樹で高木です。

品種によって耐寒性が違い、暖地では屋外でも越冬します。

果実は森のバターと言われるほど栄養価が高く、
さまざまな効能が期待できます。

一本植えでは結実が難しいので
一般家庭で実をつけるのは難しいでしょう。

ですから、観葉植物として育てることをオススメします。

1125_01
出典:http://www.finderviews.com/

アボカドの発芽のさせ方

準備するもの

ペットボトル1本、つまようじ3,4本、種、水

発芽のさせ方

1)先ずは種を入れるためにペットボトルの口の部分を切り取ります。

  種よりちょっと大き目に切り口がなると良いでしょう。

2)種に爪楊枝を指します。

  種の平らな方を下にして横に爪楊枝を均等感覚で3,4本差します。

3)ペットボトルに種を設置します

  口をあけたペットボトルに爪楊枝を指した種を置きます。

4)アボカドの半分くらいが見ずに浸るように水をいれます。

これで発芽を待つのみです。

アボカドの育て方

このペットボトルの種を設置したら、発芽まで待っていましょう。

直射日光の当たらない日当たりのよいところがオススメ。

水は毎日取り換えます。

1か月から1か月半で種に亀裂が入って、少し経つと
そこから根がちょっとずつ出てきます。

そして上からは目が生えてくるのがわかるでしょう。

そのまま、半年ほど成長させて、いよいよ鉢に植え替えます。

園芸用の土と鉢を用意して、植え替えます。

水やりは土が乾いてきたらあげるのでOKです。

あげすぎて根腐れしないように気を付けましょう。

涼しくなってきたら室内にに入れて、暖かい場所に置きましょう。

アボカドの葉っぱは大きくて丸みがあるので
観葉植物としてもぴったり。

発芽までは時間がかかりますが、それだけに発芽してどんどん
育ってくると愛着がわきますのでぜひトライしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回はアボカドをそだてる方法をご紹介しました。

いつも捨てていたアボカドの種が観葉植物として
元気に育つのは驚きではないでしょうか?

ちょっと手をかけてあげるだけなので、
子供と一緒に愉しみたいですね。