小学生の修学旅行の持ち物について知りたい!
便利な物は?お小遣いは?

そろそろ早いところでは
小学校の修学旅行というところもあるでしょう。

行先もさることながら、気になるのは行く前の準備。

何をもって行けばいいの?

ほんとうにしおりに載っている物だけで大丈夫?

今回は、そんな悩みを持っている方に
小学生の修学旅行の持ち物についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

しおりに載っている持ち物は?

もちろん、学校によってもしおりに載っている持ち物は違うとは思いますが
基本的な持ち物が載っていますのでご紹介しておきましょう。

 ・バッグ(リュック)
 ・お土産用のバッグ
 ・お金
 ・筆記用具
 ・修学旅行のしおり
 ・洗面用具
 ・タオル
 ・下着
 ・靴下
 ・パジャマまたは部屋着
 ・着替え
 ・雨具(折り畳み傘・レインコート)
 ・財布
 ・お弁当&おやつ
 ・水筒
 ・カメラ
 ・乗り物酔いの薬など
 ・時計

 
となっています。

もちろん、もって行ってはいけない物も決まっていますね。

nc275-1-m

しおりに載っていないけれど必要な物

まず、女子の場合には生理用品が必需品。

その時、なっていなくても旅行先でということもあるので
一応もっていくと良いでしょう。

もちろん、保健の先生も同行しているので、
もっていなかったら相談してみましょう。

そして、アレルギーなどの薬

アレルギーの症状がある人は忘れずにもっていきましょう。

自宅ではアレルギー反応がなくても、
地方によっては花粉が飛んでいたりとさまざまなアレルギーの原因も。

さらに、もって行って便利だったというのが目覚まし時計

起床時間になれば先生が起こしに来てくれるけれど、
とくに準備が遅い子などはちょっと早めに準備を始めたいところ。

小さ目の目覚まし時計をもって行けば、
皆より30分位早めに起きて準備を始められます。

修学旅行のお小遣いは?

修学旅行でもって行っていい
お小遣いの金額は学校によって決められています。

公立の小学校の場合は、修学旅行は1泊二日というところが多いので、
お小遣いの上限は3千円~5千円といったところです。

お土産を買うぐらいなのでそれだけあれば十分でしょう。

私立小学校などでは、1万円というところもあるようです。

決められた金額に緊急時のお金として
千円程度持たせるご家庭もありますが
上限を持たせてあげればよいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

小学校の修学旅行は、あまり自由行動はなかったり、
お土産を買う時間も少なかったり・・・

それでもとても想い出深いものになることは間違いありません。

持ち物などで困ったことにならないように、出来るだけ注意して
大人もいっしょに必要な持ち物を考えてあげると良いですね。