車内熱対策を知りたい!効果的な方法は?
ダッシュボードの対策は?

いよいよ暑い夏がやってきますね。

この時期は、室内だけでなく屋外での暑さにも困りますが、それより困ってしまうのが車の中の暑さではないでしょうか?

とくに外出時には炎天下の中などでも車を駐車しておくこともあります。

そんなとき、どの様に車内の熱を防ぐことができるでしょうか?

今回は、そんな車内の熱対策について御紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

駐車中の車内の温度をあげない対策

暑い夏は炎天下の中に車を駐車しておかないといけない時には、出来る対策をしっかりとして暑さを防ぎたいですね。

そこで、オススメのアイテムを幾つかご紹介します。

1)サンシェード

 これはすでに一般的となっていますね。

 フロントガラスに貼っておくだけで太陽の夏を遮断することができます。

 これは車にいつも入れておきたいものですね。

2)カーフィルム

 車の窓に張るタイプのカーフィルムは種類がさまざまありますが、現在は赤外線カットのタイプもあります。

 もちろんフロントガラス用は透明なので運転席や助手席にも張ることができます。

3)太陽電池型扇風機

 こちらは車内の暑い空気を外に出してくれるとっても便利な扇風機。

 太陽電池なので太陽の光があればいつでも作動してくれるので安心です。

ダッシュボードの熱対策

kw0568--4547abze_02

みなさんもご存知だとは思いますが、車内の温度で一番上がってしまうのはダッシュボードです。

ダッシュボードはフロントガラスのすぐ下で、黒いものが多いのでどうしても熱を吸収してしまいます。

そこで上でご紹介したサンシェードは必需品ですね。

でもせっかくサンシェードを置いていても、すこしでもフロントガラスより小さいと全く意味がありません。

出来れば大き目のサンシェードを選ぶようにしましょう。

また、車に戻ってきたらぬれタオルなどで一度ダッシュボードを拭いて熱を取って上がるとよいでしょう。

車内の熱を逃がす方法は?

いろいろな対策をしていたけれど、車内に熱がこもってしまったらどうしたらよいでしょうか?

先ずは、ドアをあけて出来るだけこもった熱を出すようにしましょう。

そして、エアコンをつけて一気に車内を冷していましょう。

この時大切なことは、エアコンを風量最大で外気循環にします。

外気温と同じくらいになったら内気循環にして冷えるまで待ちましょう。

これで大丈夫です。

まとめ

いかがでしたか?

車の熱対策っていろいろしていてもどうも納得がいかないという方もいるでしょう。

でもカーセンター等にいくと対策グッズもいろいろありますので自分の車にピッタリ物をできるだけ見つけると良いでしょう。