お葬式の服装について教えて。(女性編)
靴やタイツは?アクセサリーは?

お葬式といえば、事前の準備が出来るものではありません。

急に行かなくてはいけないお葬式に、
どんな服装で行けばいいかわからずに
失敗してしまったことはありませんか?

大人の女性としてお葬式参列で失敗のないように、
今回は女性のお葬式の服装について御紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

お葬式に着ていく服装の基本は?

もう皆さんもご存知だと思いますが
お葬式には喪服や礼服を着ていきます。

基本的には、喪服は洋服でも和服でも構いませんが
それぞれにポイントがありますので注意が必要です。

洋服の場合は?

(※動画内の喪服はこちらのブラックフォーマル

お葬式に洋服の喪服を着ていく場合、基本的には
ワンピースにジャケットが正装ですがスカートでも構いません。

できればズボンは避け方がよいでしょう。

スカートを避けたい理由(足を怪我している、スカートでは座れない)
などがある場合にはパンツスーツでも構いません。

喪服の黒は、一般的なスーツの黒とは黒さや生地、形が違います。

喪服として売られている物を選ぶようにしましょう。

靴は、つやがなく装飾もなくて、ヒールが高すぎないものを選びましょう。

ストッキングは黒ですが、冬でもタイツは避けましょう。

アクセサリーで許されるのがパールです。

パールは人形の涙と言われていて、悲しみを表しています。

ni9
出典:http://mourningdress.net/

和服の場合は?

和服の服は、亡くなった方の近親者だけが着ることができます。

基本的には、喪主、亡くなった方の奥様、亡くなった方の姉妹などですが
一般的には奥さんまででしょう。

着物を着る際にはさまざまな小物が必要ですが、
喪服の場合には、全部をそろえておくのは縁起が悪いと言われ
レンタルなどを選ぶ方が多いようです。

お葬式の持ち物は?

お葬式にはどのような物をもって行けばいいのでしょうか?

基本は、黒の布製の無地のバッグ、御香典、
ふくさ、数珠、白い無地のハンカチ
となっています。

もちろん小銭などが必要になる時もあるので
黒い小銭入れがあればよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

意外と知っていそうで知らなかった
女性の喪服についてご紹介しました。

ここでご自分のもっている喪服や小物をもう一度チェックしてみて
ちょっと気になるものは買いかえ等を考慮した方がいいかもしれませんね。