お葬式の服装を知りたい!(男性編)基本のマナーは?

急にお葬式に参列することになった。

そんな時、服装はどうしたらいいかと焦ってしまった
経験がある男性も少なくないと思います。

お葬式へ行く準備は常にしている物ではありませんので、
ちょっと困ってしまいますね。

そこで今回は、男性のお葬式の服装について御紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

基本のお葬式の服装(男性編)

男性の場合は、一般的には喪主をはじめとして黒のスーツの
略礼服を着る場合が殆どでしょう。

けれども、おおきなお葬式や社葬等の場合には、
決められた人が正装のモーニングを着ることもあります。

男性の略礼服ってどんなもの?

略礼服って黒のスーツならいいの?
という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

基本的には男性は、礼服用の黒のスーツで参列すれば問題ありません。

礼服用の黒のスーツは一般的な黒のスーツとは黒の濃さが違いますので
お葬式に出かけるときには礼服用を準備しましょう。

礼服用のスーツは、シングルの三つ揃えがダブルになります。

ジャケットはノーベントで背中に切れ込みがない物。

真夏のお葬式用に涼しいジャケットもあります。

ズボンは折り返しがあるとカジュアルになりますので
折り返しがないものを選びます。

ワイシャツの袖はシングルでレギュラーカラーの物を。

ネクタイは艶のない黒、靴も黒を選びましょう。

t02200276_0272034112265145244

お葬式にもって行く持ち物は?

それでは、お葬式にはなにをもって行けばいいのでしょうか?

基本的には、御香典、袱紗、数珠、白いハンカチ、
財布、携帯電話と言ったところでしょう。

もちろん携帯電話は式の間は電源を切っておきましょう。

男性の場合は、バッグを持ち歩かない場合も多いので、
御香典袋は服さに包んでジャケットの内ポケットに入れていきましょう。

もしバッグが必要な場合は、黒のセカンドバッグをもちましょう。

以前は、腕時計も装飾のない物が良いとされていましたが、
今はあまり決まりがなくなってきています。

ただ、あまりきらきら光る装飾があったり、
枠やベルトが金色の物は着けずにポケットなどに
しまっておいた方がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

男性の場合は、基本的には誰もが
黒の礼服用のスーツと決まっていますから
社会人になったらすぐに準備しておきたいですね。

とくに親戚だけでなく、
会社関係のお葬式に出る機会も増えますので
就職と同時に準備しておくと安心でしょう。

急なことなので焦ったりしないように、事前に自分のもっている
喪服などをしっかりとチェックしておきましょう。