お葬式にふさわしい髪型が知りたい!(メンズ編)

男性は社会人になると親戚だけでなく会社関係のお葬式に
参列する機会も多くなってくるでしょう。

男性の場合は、黒の礼服を持っていれば服装は
問題ありませんが気になるのは髪型です。

そこで今回は、お葬式の参列にふさわしい
男性の髪型についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

男性のお葬式の髪型の基本

女性よりアレンジ方法も少ない
男性の髪型の基本をご紹介しておきましょう。

ポイントは、

 ・耳が見えるようにして清潔感のある髪型を

 ・髪の毛を立てたり、てかてかする程のワックスやジェルは使わない

 ・前髪が眼にかかるような長い髪は避ける

といった基本のマナーがあります。

ご自分の髪型をチェックしてみましょう。

男性のロングヘアはどうする?

最近はロングヘアの男性も少なくありません。

そんな男性のロングヘアの場合は
どのような髪形でお葬式に参列すれば
失礼がないのでしょうか?

基本的にはオールバッグにして髪を後ろでまとめることです。

もちろんヘアゴムは黒を選びましょう。

ショートヘアでもロングヘアでもワックスや
ジェルを使う場合には、あまり多量に使わないこと。

そして香りの強いワックスやジェルを避けることが大切です。

普段から気を付けたいこと

YOTA93_syazaisuru15124217-thumb-1000xauto-14186

お葬式にふさわしい髪型を考えた時に基本的には清潔感があり
周りの人に不快感を与えないという事がポイントです。

お葬式は急に参列することになりますから
なかなかその日に髪型を変えることはできませんね。

そこで普段から清潔感のある髪型を心がけて、
伸びてきたら美容院に行くなど少しでも気を付けたいものです。

普段からきちんと身だしなみを整えている人は
お葬式にふさわしい髪型について悩むことはないでしょう。

髪型とは関係がありませんが、お葬式にもって行く小物についても
事前にしっかりとチェックして準備しておくことが大切です。

とくに男性はバッグを持たない方が多いので、
御香典は袱紗に包んでジャケットの胸ポケットに
ハンカチは白の無地の物を、お財布もできれば黒を。

このようにある程度のマナーを理解して
事前に準備してあると当日焦ることもないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は男性のお葬式にふさわしい髪型について御紹介しました。

男性の場合はあまり個性的な髪形でない限り問題はないと思いますが
カラーリングをしている場合などはその日だけ黒に染めたりして
できるだけ失礼のないように心がけましょう。