赤ちゃんがダニに刺されないようにする対策は?刺されたらどうする?

梅雨時期や台風など湿気が多い時期に気になることといえば、
布団やカーペット、畳などのダニではないでしょうか?

とくに赤ちゃんがいるご家庭では、ダニのこと気になりますよね。

そこで今回は、赤ちゃんがダニに刺されないようにする対策や
刺された時に対処法をご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

赤ちゃんのダニ対策 畳編

畳のお部屋は気持ちがよくて、ハイハイをし出した
赤ちゃんにとって大好きな空間かもしれません。

でも、やっぱり気になるのがダニ。

とくに湿度が高いとダニにとっては快適な場所となる畳。

それでは、どのように畳のダニ対策をすればよいのでしょうか?

一番の方法は、畳を干すことなのですが畳を干すのは大変ですよね。

そこで簡単にできる対策が掃除機をかけることです。

畳の掃除機のかけ方のポイントは

1)夜7時前後に部屋の電気をつけます。

2)次に電気を消して、30分程そのままにしておきます。

3)掃除機を1畳につき30秒ほどかけていきます。

これで、普通に掃除機をかけるよりも
よりダニをしっかりと退治することができます。

flea_b06

赤ちゃんのダニ対策 布団編

布団のダニ対策もやっぱり干すことが一番というイメージがありますね。

でも、干した布団を布団たたきでたたくのはNGなんです。

なぜなら、布団たたきでたたいてしまうとダニの死骸が細かくなって
人間が吸い込みやすくなるので、出来れば掃除機で吸うようにしましょう。

気温の高い時にお布団を干して、掃除機で吸うのが一番ですが
天候がわるくて出来ない場合には布団乾燥機スチームアイロンをかけて
掃除機で吸うのも有効です。

赤ちゃんがダニに刺された時の対処法は?

赤ちゃんのダニ対策はしっかりしていたけれど、
刺されてしまったみたい。

そんな時の対処法もご紹介しておきましょう。

実際にダニに刺されるとかゆがる赤ちゃんもいますが、
かゆくない場合もあります。

痒みはなくても、赤いブツブツができたいる場合には
お医者さんに相談をするとよいでしょう。

赤ちゃんはダニに刺されてかいてしまうことがありますので、
できるだけ爪を短く切って患部を傷つけないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、赤ちゃんのダニ対策や対処法について御紹介しました。

赤ちゃんの肌は大人よりデリケートなので、ダニに刺されただけでも
赤いブツブツが広がってしまったり、腫れてしまったりすることもあります。

できるだけダニに刺されないように対策を心がけて、
刺されたとおもったらすぐにお医者さんに相談しましょう。