赤ちゃんが寝る時の夏の服装な何がいいの?
着せ過ぎは問題?

暑い夏になると子供も大人も服装には悩みますよね。

とくに寝る時の服装は、快適な睡眠にもとても大切なものです。

そこで今回は気になる赤ちゃんが寝る時の服装について、
おすすめや着せ過ぎの問題を考えてみましょう。

  [スポンサードリンク]

赤ちゃんが寝る時の服装で理想的なのは?(夏編)

ご存知の方も多いと思いますが、赤ちゃんは
大人に比べて体温が高くて暑がりなのです。

ですから、大人の感覚で服装を選ぶと、
赤ちゃんには暑すぎるということも。

ということで、普段は大人より1枚少なめが理想的と言われていますね。

それでは、寝るときはどうでしょうか?

昼間と違って寝ている間は、大人が赤ちゃんの様子を
こまめにチェックすることができません。

そこで、寝る時の服装は重要になります。

赤ちゃんが寝る時、とくに注意したいことは夜中の冷えです。

お腹を出して寝ていると冷えて風邪をひいたり、
お腹をこわしたりしやすいので
布団をぬぐ可能性がある赤ちゃんには腹巻がおすすめです。

赤ちゃんが寝る部屋に冷房をきかせている場合には、とくに注意が必要です。

普段は大人より1枚少なくしていても、冷房の効いた部屋では
大人と同じぐらい着せてあげるとよいでしょう。

子供の寝顔

赤ちゃんの着せ過ぎは問題?

赤ちゃんのことを心配して、寒くないように
着せ過ぎてしまうお母さんもいます。

では、着せ過ぎるとどのような問題が起こるのでしょうか?

その一つは、汗疹です。

赤ちゃんは大人より体温が高く、汗っかき。

とくに紙おむつは蒸れてしまいますから、
そのうえからたくさん着せてしまうと
赤ちゃんにとってはかなり暑い状態です。

赤ちゃんの着せ過ぎがわかるのが、あせもです。

もし、あせもが出来ているようなら、1枚少なくしてあげたり、
背中にガーゼを入れた汗をかえたら取り換えられるようにしてあげると
赤ちゃんも快適に過ごせるでしょう。

赤ちゃんが寝る時のおすすめの服装は?

それでは、赤ちゃんは実際に夏はなにを着て寝ればいいのでしょうか?

オススメは、通気性と吸湿性のよい肌着の上に、
月齢にあわせた寝巻を着せてあげるとよいでしょう。

とくにガーゼ素材の寝巻は肌をさらっと保つことができます。

冷房をかけている部屋で寝かせる場合には、そのうえから夏用の
スリーパーを着せてあげてもよいでしょう。

真夏は肌着一枚で寝かせる方もいますが、その場合は布団で調節して
お腹は冷さないように気をつけてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、赤ちゃんにとって快適な夏の寝る時の服装について
ご紹介してまいりました。

赤ちゃんは大人より体温が高くて汗っかきということはわかっていても、
やっぱり心配になってしまうのが親心。

赤ちゃんがぐずっていたりしたら、暑いのかもしれません。

様子を見ながら調節してあげるとよいでしょう。