赤ちゃんの冬の寝る時におすすめの服装は?腹巻は必要なの?

冬になると、朝晩かなり冷え込んで大人でも服装に悩みますが、
ちいさな赤ちゃんは体温調節が苦手なので、
大人がしっかりとケアしてあげなくてはいけません。

とくに気になるのが就寝時ですね。

そこで今回は、冬の赤ちゃんの寝るときに
おすすめの服装についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

冬の赤ちゃん 就寝時の服装の基本は?

冬の寒さはお住まいの地域によってかなり違いますが、
ここでは基本の服装をご紹介しましょう。

赤ちゃんが寝る時には、長肌着と短肌着を
2枚重ねにして着せてあげましょう。

肌着とカバーオール、肌着とパジャマでもOKです。

普段の服装もそうですが、基本は大人より1枚少なくすることです。

そして、洋服の素材選びにも注意が必要です。

肌着やカバーオールは汗を吸収してくれる綿素材を取りいれましょう。

また、お腹が出てしまうのが心配な方は
ロンパースなどを着せてあげましょう。

赤ちゃんにとって明け方の寝冷えが大敵

shutterstock_5801791

赤ちゃんが寝る時には、体があたたまっているのでお布団を
自分で蹴飛ばしてしまうこともよくあります。

けれども、じつは夜中から明け方にかけて部屋の温度がさがるので
この時間にお布団をかけていなかったり、
お腹を出してしまうと寝冷えしてしまうのです。

赤ちゃんが自分で寒さに気づき、泣いて知られてくれればよいのですが
深い眠りにあると気づかないうちに寝冷えしてしまっています。

ですから、この時間帯は十分に注意してあげる必要があります。

赤ちゃんに腹巻は必要?

それでは、赤ちゃんの明け方の寝冷えを防ぐ為には
どのようなアイテムを活用すればいいのでしょうか?

その一つが腹巻です。

腹巻は、お腹が冷えやすい赤ちゃんの寝冷え対策にとっても便利。

とくに、お腹で分かれている服装で寝かせる場合には、
お腹を守る為に腹巻をしてあげるとよいでしょう。

赤ちゃん用の腹巻は肌触りがよく伸縮性に
富んでいる物が多いので寝ている時でも快適です。

また、スリーパーも便利なアイテムです。

スリーパーは寝冷えの時間帯に身体を温かくつつんでくれて、
動いてもずれることがありません。

とくに寝ている間によく動く赤ちゃんにとっては便利なアイテムです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、冬の赤ちゃんが寝るときにおすすめの服装について
ご紹介してまいりました。

冬は寒さが気になって着せ過ぎてしまうお母さんもいますが、
やっぱり大人より1枚少なくを基本に、気温によって
お布団やスリーパーなどで調節してあげるとよいでしょう。