自閉症の赤ちゃんの特徴的な症状は?どのようにチェックするの?

赤ちゃんが元気に生まれてきて成長を見守るのはとても楽しいこと。

でも、他の赤ちゃんと比べるとちょっと成長が遅いかなと感じたり、
もしかしたら何かの障害があるのでは、と気になることもあるでしょう。

とくに子供の発達で気になるのが自閉症です。

そこで、今回は自閉症の赤ちゃんの特徴的な症状や
チェック方法をご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

自閉症ってどんな病気?

それでは、まずは自閉症について少しご説明しましょう。

自閉症は、先天性の発達障害で、脳の機能がうまく働かずに
目や耳などから入ってきた情報をうまく整理して理解することが苦手です。

脳の障害が起こる原因はまだはっきりとはわかっていませんが、
現在は育てかたや環境によって自閉症が発症するわけではない
ということは証明されています。

そして、自閉症の症状はさまざまでその子によって違います。

自閉症のチェック方法はあるの?

先ほどご紹介したように自閉症の症状はさまざまなのですが
基本的に3つの症状が3歳までにみられる場合は自閉症とわかります。

そのひとつが、社会性の欠如で自分と相手との関係を
理解することができずにその都度適切な行動をとることができない。

周囲と上手にかかわることができません。

ふたつめは、言葉をうまく理解できないのでことばの遅れがあったり、
意味のない言葉を発したり、同じ言葉を繰り返すといったことがあります。

みっつめは、想像力の欠如でその場に合わせて臨機応変に対応することができず
自分の感情を上手に表現できないことがあります。

とくに初めての場面などではパニック状態になることもあります。

これらの3つの症状が見られる場合には自閉症かもしれません。

赤ちゃんの自閉症

自閉症の赤ちゃんの行動の特徴は?

それでは、赤ちゃんのころは自閉症だと
どのような行動が見られるのでしょうか?

たとえば、じっとしていることが出来ずに
目的もなく走り回ったりして目が離せない状況があります。

そして、こだわりが強く子供も多く、同じ状態であることに固執したり
決まったもの、位置、行動にこだわります。

このほかにも、意思の疎通ができなかったり、感覚に異常があったり、
睡眠にも異常があったりとさまざまな症状が見られます。

これらの症状があると必ずしも自閉症というわけではありません。

気になることがいくつかある場合には、お医者さんに相談してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、自閉症の赤ちゃんについて
その特徴的な症状などをご紹介してまいりました。

赤ちゃんは月齢がすこしちがうだけでもその成長に差がありますので
周りと比べておかしいと思うことがあっても、それが必ずしも
自閉症ということはありません。

赤ちゃんの成長を見守りながら、
気になる点はお医者さんに相談してみましょう。