赤ちゃんの遊び方やあやし方を教えて!
(2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月の場合)

赤ちゃんとの時間ってとっても楽しいですよね。

でも、赤ちゃんは自分でどんな遊びをしたいか話せるわけではないので
大人が赤ちゃんが楽しめる遊びを見つけてあげる必要があります。

そこで、今回は赤ちゃんの遊び方やあやし方について、
2か月、4か月、6か月の月齢別でご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

2か月ごろの赤ちゃんの遊び方

2か月ごろの赤ちゃんは体が徐々にしっかりとし始めます。

首が座っていない赤ちゃんも多いですが
かなり安定してきています。

うつぶせにしてみると、自分で顔を
あげるようになっている子も多いでしょう。

そこでこのころの赤ちゃんの遊び方としてオススメなのは、
うつぶせにしてあげて、自分の周囲の環境を見せてあげることです。

うつぶせにする場所には、赤ちゃん用の布などをしいてあげると
その模様に興味をもつかもしれません。

初めは、1分程度から様子を見ながらうつぶせにしてあげてください。

また、音楽などにも興味を占めるようになりますので、
オルゴールを掛けたり、ベッドメリーを回してあげたりして
聴覚を刺激するあそびもしてあげましょう。

赤ちゃんの遊び方
出典:http://xn--4zq76a84dz94bt3g.asia/

4か月ごろの赤ちゃんの遊び方

赤ちゃんは4か月ごろになると手足の動きが活発になり始めます。

首がすわって、次は寝返りにむけて
足をバタバタ動かしてみたりしています。

指も使えるようになってきて、
おもちゃを持てるようになる赤ちゃんも多いです。

そこで、このころの赤ちゃんにおすすめの遊び方としては握るあそびです。

赤ちゃんにとって持ちやすいやわらかいボールや
ガラガラなどを持たせてあげたり
ころころと転がしてあげたりして遊びましょう。

さらにお母さんがたくさん話しかけることで、
赤ちゃんはたくさんの単語を耳にすることが出来ます。

このころの赤ちゃんは言葉を話す準備期間ですから、
赤ちゃんの体に触れながら「口」「鼻」「おめめ」などと
単語で語りかけてあげましょう。

6か月ごろの赤ちゃんの遊び方

6か月ごろの赤ちゃんは、五感を
しっかりと感じることが出来るようになります。

また、手足も上手に使えるようになってきて、
ハイハイがとても得意という赤ちゃんも少なくありません。

そこでこのころの赤ちゃんにおすすめの遊びは、
五感をしっかり働かせる遊びです。

普段から遊んでいるガラガラなどのおもちゃを
赤ちゃんからみえない位置で振って、
「どこかな~」と言いながら
赤ちゃんが音を頼りに見つける遊びなども他の市です。

また、積極的に外にも連れていきましょう。

屋外にあるさまざまな物を目て見て、
触れることで沢山の刺激を受けます。

葉っぱやお花、犬や猫、電車や車といったものを
どんどん見せてあげるといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、赤ちゃんの遊び方について月齢別にご紹介してきました。

赤ちゃんが遊ぶという事は、成長にとってとても大切なことです。

1人で遊んでいる時間も大切ですが、時間を決めて積極的に
赤ちゃんとかかわりをもって遊んであげることで、
たくさんの刺激を受けて赤ちゃんの成長を助けますので、
今回の記事を参考にどんどん遊んであげてください。