犬のノミやダニの駆除方法が知りたい!予防法もあるの?

暖かい季節になってくると、人間も気持ちよく活動できるようになりますがじつはペットのノミやダニにとっても快適なシーズンになります。

犬のノミやダニは、一度ついてしまうとなかなか駆除できないし、犬はかゆがるし大変です。

今回は、そんな犬のノミやダニについて、駆除方法や予防法をご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

犬のノミやダニの症状を知りたい!!

ノミやダニは外部から寄生する、いわゆる外部寄生虫です。

犬がかゆがっていたり、かゆいので引っ掻いたりしていたら、ノミやダニに寄生されているかもしれないので気をつけなくてはいけません。

とくにノミの唾液に含まれる成分でアレルギーを起こしたり、吸血されて貧血を起こしてしまう犬もいます。

かゆそうにしていたら、チェックしてあげましょう。

犬のノミやダニが見つかったらどのように駆除したらいいの?

では、実際に愛犬にノミやダニが見つかった場合の駆除方法もご紹介しましょう。

犬のノミダニの駆除方法

ダニは吸血するだけでその後は落ちてしまいますが、ノミは飛んで移動したり、カーペットの裏などに卵を産むこともありますのできちんと駆除する必要があります。

ノミやダニを駆除するためには、基本的には病院で薬を頂くのが一番です。

ノミやダニの駆除剤として最も有名なのがスポットタイプのもの。

犬の首の後ろに薬剤を滴下するだけなので、とっても簡単です。

もちろん舐めても問題がないので安心です。

効果は1~3か月ほど続き、成虫の駆除や卵のっ駆除にも効果的です。

また、スプレータイプの駆除剤は即効性があり、犬だけでなく、ソファーやケージなどにも使えるので便利です。

乾いてしまえば舐めてもとくに問題はありません。

ただ、卵には効果があまりないということです。

犬のノミやダニの予防方法は?

では、ノミやダニが着く前に予防する方法もご紹介しましょう。

一般的に動物病院やペットショップで購入できる首輪タイプの予防剤があります。

これは、駆除剤やノミよけの効果があるハーブ剤などがついている首輪でこれを普段から巻いておくだけでノミやダニの予防になります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、気になる犬のノミやダニについて御紹介してまいりました。

温かい季節になるとどうしても発生しやすいノミやダニ。

いつも清潔にしていても、ドッグランや散歩中などに寄生してしまうこともあります。

ですから、普段から予防用の首輪を利用したりして愛犬を守ってあげましょう。

また、ノミやダニに気づいたら、早めに動物病院を受診して、薬を頂くとよいでしょう。