ヘッドライトの黄ばみの原因って何?黄ばみ取りの方法を教えて

車に乗っている方の中で、自分の車のヘッドライトが気になっている方は少なくないと思います。

ヘッドライトの黄ばんでしまっていると車が古く見えてしまうので嫌ですよね。

そこで今回は、そんなヘッドライトの黄ばみの原因や黄ばみ取りの方法などをご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

ヘッドライトの黄ばみの原因はなに?

まずは、どうしてヘッドライトが黄ばんでしまうのか、その原因からご紹介しましょう。

現在の車のヘッドライトは、ほとんどが樹脂製になっています。

樹脂製だと紫外線や傷などで劣化しやすくなります。

ですから黄ばみにもなってしまうのです。

また、樹脂製のヘッドライトだと
レンズ内の洗浄をすることはほとんどできません。

ですから、外側のレンズの曇りは磨くことができても、内側までは無理というワケなんです。

ヘッドライトの黄ばみ取りの方法は?

それでは、自分の車のヘッドライトが黄ばんでいることに気付いた場合、その黄ばみをどのようにとることが出来るのでしょうか?

カー用品店に行くとクリアレンズ液というものが販売されています。

これを使って丁寧に磨いてみましょう。

クリアレンズ液で磨いても綺麗にならないという場合、じつは裏ワザがありますのでこちらもご紹介しておきましょう。

最近、口コミなどで話題となっているのが金属磨きの「ピカール」でヘッドライトを磨くと綺麗になるということです。

len01
出典:http://repair-tech110.com/

実際に、こちらもカー用品店に販売されているので探してみてください。

綺麗に磨くとクリアレンズ液ではとれなかった黄ばみも取れるそうです。

ただ、忘れてはいけないのがピカールで磨いただけの状態では、紫外線による往年黄化現象によって、しばらくするとまた黄ばんでしまうのでコーティング剤を塗るようにしましょう。

ヘッドライトのコーティングも大切

ご紹介したようにせっかくきれいになったヘッドライトもそのままではまた元の状態に戻ってしまいます。

そこでコーティングも忘れずに。

ヘッドライトのレンズは紫外線やワックスなどの油分によって経年劣化してしまいます。

ですから、レンズ表面にコーティングを行うようにしましょう。

クリア層ににコーティング膜が付着するとガラス硬化膜なので見た目がより輝きを増します。

ヘッドライトのコーティングは必ず行いましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ヘッドライトの黄ばみの原因や取り除く方法をご紹介しました。

ヘッドライトの黄ばみは一度気づいてしまうとどうしても気になります。

できるだけ早く取り除いて、コーティングで保護してあげたいですね。