虫歯を放置しておくとどうなるの?
虫歯は自然に治ることがあるの?

皆さんは、虫歯があるとわかっているけれど痛みがないのでそのまま放置しておこうかと思ったことはありませんか?

また、歯医者さんに行こうとは思ってるけれど、なかなか時間がなくていけないという方もいるかもしれません。

では、実際に虫歯を放置しておくとどうなってしまうのでしょうか?

今回は、気になる虫歯の放置について御紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

虫歯を放置しておくとどうなるの?

虫歯が出来ていて痛みがある場合には、どうしても我慢できなくなって歯医者さんに行く方がほとんどでしょう。

でも、痛みがない場合には「まだいいかな?」と思って放置してしまうとどのようなことになるのでしょうか?

いくつかの現象が起こりますのでご紹介しましょう。

ひとつめは、虫歯が深くなって歯の神経の痛みとなります。

神経がのこっている歯の虫歯の場合、そのまま放置しておくことで虫歯が神経にまで達してしまいます。

そこで初めて強い痛みを感じるようになります。

神経が痛むと我慢できない痛みとなります。

二つ目は、顎の膿がたまってしまいます。

歯の神経が死んでいる虫歯の場合は、
顎の骨の内側に膿がたまってしまい、歯茎が腫れてきます。

この腫れがひどくて口が開きにくくなったり、食べ物を飲み込みづらくなったりと日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。

このほかに、歯の根の先から細菌が入って副鼻腔炎になったり、
頭痛がしたり、かみ合わせがわるくなって顎関節症になることもあります。

ですから、虫歯ができたら、できるだけ早く治療を開始するようにしましょう。

403

虫歯って自然に治ることがあるの?

虫歯を放置しておくことの危険性はわかりましたが、それでは、虫歯は自然に治ることは絶対にないのでしょうか?

実際に虫歯を自然に治すためにはいくつかの条件が必要になります。

なぜなら、歯は食事のたびに歯が溶ける脱灰と溶けた歯を唾液の力で戻す再石灰化が繰り返されています。

虫歯を自然に治すためには、再石灰化が必要になります。

そこで、虫歯を自然に治そうと思ったら歯垢によって出される酸を抑えるために歯垢を徹底的に除去しなくてはいけないのです。

そのためには、デンタルフロスを利用することも大切です。

また、フッ素をぬることで初期の虫歯を直すことはできます。

フッ素はドラックストアなどで購入できますので活用してみましょう。

このほかにも、唾液を多く出すためにキシリトールガムをかんだり、できることはいくつかあります。

ただ、大きな虫歯はそれだけでは治すことはできませんので、やはり歯医者さんにいって治療してもらうのが一番でしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、虫歯を放置することの危険性や自然治癒ができるのかということをご紹介してまいりました。

歯医者さんは大人でもやっぱり苦手な場所ですよね。

ただ、虫歯が大きくなるまで我慢していると、より治療に時間がかかったり、痛みが伴ったりするのでできるだけ早めに治療をしましょう。