まぶたのかゆみの原因で考えられるものは?
赤みや腫れがある場合はどうする?

皆さんは、まぶたが赤くなってかゆみがあるとか、まぶたが腫れてしまっているといったことで困ったことはありませんか?

じつは、まぶたの皮膚は薄くてとてもデリケートなので、ちいさな刺激でも炎症を起こしてしまうことがあります。

今回は、そんなまぶたのかゆみの原因や治し方などをご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

まぶたのかゆみの原因はなに?

まずは、まぶたのかゆみの原因から探っていきましょう。

まぶたは、さまざまな刺激によって炎症を起こしかゆくなります。

その一つが、アイシャドーやアイライナーなど化粧品による刺激です。

実際に新しい化粧品にしたらまぶたがかゆくなったという経験がある方もいるでしょう。

それは、アイシャドーやアイライナーなどに含まれている不純物や金属にアレルギーを起こしてまぶたが反応してしまっているからかもしれません。

もしも新しいものに変えたタイミングでまぶたのかゆみを感じたら、すぐに使用を中止しましょう。

ふたつめの原因として考えられるのが乾燥によるものです。

まぶたは、皮膚がうすいのでとても乾燥しやすいところです。

そんなまぶたをクレンジングの際にしっかりと洗いすぎてしまって必要な保湿成分まで洗い流してしまうことがあります。

また、アイシャドーやアイラインなどをしいっかりと落そうと思って擦ってしまいまぶたを傷つけてしまうこともあります。

まぶたをクレンジングする際はお肌に優しいクレンジング剤で優しく円をかくようにマッサージすると良いでしょう。

このほかにも、花粉などのアレルギー反応によってまぶたに痒みを感じてしまうこともあります。

まぶた かゆみ

まぶたのかゆみ 赤みや腫れがある場合はどうする?

まぶたのかゆみの原因によって対処法は違います。

たとえば、乾燥が原因の場合にはワセリンをぬりましょう。

ワセリンには水分蒸発を防ぐ効果がありますので乾燥対策になります。

ワセリンは添加物がないのでまぶたに塗っても大丈夫です。

しばらくの間、まぶたにワセリンをぬって様子を観ましょう。

ほかに、アレルギーが原因の場合には、1,2日で治ることが多いですが長く続く場合には眼科や皮膚科を受診してみましょう。

アレルギーのゲニンとなる物質がわかるので対処方法もみつかります。

また、ものもらいが原因の場合には眼科で処方された点眼薬や飲み薬で治療をするとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、まぶたのかゆみについてその原因や対処法をご紹介しました。

まぶたのかゆみといっても原因は様々なので自分では原因がわからない場合には早めに眼科や皮膚科を受診しましょう。