暑い夏に食べたいジェラート。自分で作れる?

暑くなってくると冷たいものが食べたくなりますよね。

アイスクリームにジェラートにかき氷など、
冷たいデザートはいろいろありますが、
濃厚で美味しいジェラートに魅力を感じている人も少なくないはず。

そこで、今回はジェラートっていったい何?という人にも
わかりやすいようにご紹介しようと思います。

また、自分でつくる作り方もご紹介しましょう。

img50737286

ジェラートって何?

そもそもジェラートとアイスクリームって何が違うのでしょう。

実はジェラートもアイスクリームの一種なんですよ。

ジェラートは、主に果肉や果汁、牛乳と砂糖などを
混ぜて作ったイタリアのアイスクリーム。

イタリア語では凍ったという意味があるそうです。

一般的なアイスクリームとの違いは空気の含有量が35%未満と少ないので
密度が濃く味自体も濃厚になるということ。

もちろんフルーツなどを材料としているものは、
フルーツの味は濃厚ですがさっぱりと食べることができます。

乳脂肪分も4~8%とアイスクリームに比べて
低カロリーでヘルシーなアイスクリームです。

  [スポンサードリンク]

ジェラートの作り方

ジェラートは通常、フルーツ果汁に水や砂糖、
卵白などに空気を含ませながら撹拌して凍らせていきます。

原料にはフルーツのほかにチョコレートやコーヒーなどを入れることもあります。

一部のジェラート専門店などでは、水を加えずに
フルーツの果汁だけで作るところもあり
より濃厚な味を楽しむことが出来ます。

では、このジェラート自分で作ることはできるのでしょうか?

実は意外と簡単にジェラートがつくれるのです。

例えばイチゴのジェラート。

材料はイチゴに、レモンに砂糖だけ。

ヘタをとってキレイに洗ったいちごをミキサーに入れて、
そこに砂糖とレモンも加えてミキサーで撹拌していきます。

液体状になったらボールに移して30分程冷凍庫にいれます。

これを取り出して、泡だて器で混ぜます。

そしてまた凍らせる、という工程を2、3回繰り返せばできあがりです。

ジェラートをつくるマシン

ジェラートを自宅で作ろうと思ったらマシンがあれば簡単です。

ジェラート専用のマシンが無くてもアイスクリームマシンがあれば大丈夫。

アイスクリームマシンは、家庭用のものだと3千円前後と
リーズナブルなので、一台持っていれば便利ですね。

インターネットで探してみると、いいものが見つかりますよ。

このようにジェラートって専門店で食べることも多いですが
旬のフルーツを使って自分で作れるんですよね。

これからはぜひホームメイドジェラートを楽しみましょう。