秋バテってどんなもの?
その症状や対策方法、予防方法を教えて!

みなさんは、「秋バテ」という言葉をご存知でしょうか?

「夏バテ」なら知っているけれど、「秋バテ」って何?という方も少なくないでしょう。

そこで、今回は「秋バテ」とは何か、どのような症状や対策方法があるのかをご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

秋バテとは?

まずは、秋バテとはどんなものかからご紹介しておきましょう。

「秋バテ」は、夏から秋にかけての気温の変化や一日の中の温度差により寒暖のさで自律神経が乱れてしまい起こるさまざまな症状の事をいいます。

夏バテのような、体調不良や食欲不振などの症状が一般的です。

秋バテの原因は?

秋バテの原因と考えられるものはいくつかあります。

例えば、上でご紹介したような寒暖の差です。

夏の間、屋外は35度以上、屋内は25度程度という温度の中を行ったり来たりすることはいつも10度前後の気温の差を行き来すること。

その温度の差に、初めは自律神経も対応できますがそれが繰り返されると、自律神経に乱れが生じ血液循環が悪くなってさまざまな症状があらわれます。

また、秋の低気圧も原因のひとつになります。

太平洋側は、秋になると低気圧が通り始めるので、それによって空気中の酸素濃度が少なくなって呼吸が乱れて自律神経も不安定になってしまいます。

ほかにも、食税活の変化なども秋バテの原因となります。

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s

秋バテの症状は?

では、秋バテでは実際にどのような症状が見られるのでしょうか?

ここで秋バテの一般的な症状もご紹介します。

1体がだるく、つかれやすい

2食欲がない

3胸やけや胃もたれを起こす

4肩こりや頭痛がある

5顔色がくすんでいる

6なかなか寝付けない

7めまいや立ちくらみがある

といった症状が一般的な秋バテの症状です。

秋バテの対策方法や予防法は?

それでは、実際に秋バテになってしまった場合は
どうしたらよいのでしょうか?

秋バテ対策には、いくつか方法があります。

たとえば、入浴です。

寝る直前に10分から30分程、38度~40度のぬるめのお湯にゆっくりと浸かると気持ちよい睡眠導入になります。

そして、普段から適度な運動をすることも大切です。

ちょっときついかなと感じる程度の運動を毎日すると、自律神経の機能が回復します。

運動が苦手な方は早歩きでウォーキングしてもよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、秋バテについて、その原因や症状、対策方法をご紹介してまいりました。

秋バテなんてならない!と思っていても、急な温度変化など季節の変わり目は体調を崩しがちですので、予防できることはしっかりとして快適な秋を迎えたいですね。