手のしびれの原因は?病気の可能性もあるの?
受診するのはに行けばいい?

普段の生活のなかで、肘をぶつけて手がしびれたり、寝ている時に頭の下に腕をおいていて手がしびれたという経験がある人は多いでしょう。

でも、そんなことはないのになぜか手がしびれる。

それは何が原因なのでしょうか?

今回は、気になる手のしびれの原因や病気の可能性などをご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

手のしびれの原因は?

手のしびれの原因はいくつか考えられます。

たとえば、手を動かす動作をした時にしびれたり、上半身を動かすときにしびれを感じるなら、骨格の病気ということを考えなくてはいけません。

実際に病院に受診してみなくてはわかりませんが、頸椎症や頸椎椎間板ヘルニアなどがこの様な症状があります。

また、長時間スマホやパソコンなどを使用する人は、その際に手がしびれたという方もいるでしょう。

これは、ストレートネックと呼ばれる状態になっている可能性もあります。

ちなみに、ストレートネックは、普通はアーチ状になっている首が下を向いた姿勢でいる時間が長くまっすぐになってしまい、肩や首に負担がかかっている状態です。

tsb01
出典:http://hifu-te.jp/

手のしびれのある病気は?

そんな手のしびれの症状がある病気をいくつかご紹介しましょう。

一つは、手根管症候群という病気です。

手根管とは、トンネル状でその中に正中神経という指を曲げるために使う筋肉の腱が通っています。

その腱が圧迫されて手がしびれます。

原因として考えられるのは、手を酷使していたら外傷などで手根管が圧迫や損傷して起こることが多いでしょう。

ほかにも、手と脳をつなぐ神経が何らかの理由で圧迫されて手のしびれという症状になって表れている場合もあります。

手のしびれたなかなかとれない、頻繁にある場合は早めの受診が大切です。

手のしびれがある場合は何科を受診すればいいのか?

それでは、実際に手のしびれがある場合には何科を受診すればよいのでしょうか?

総合病院の場合は、受付で症状を話して何科を受診するか相談できますが近くに神経内科がある場合にはそちらに行くといいでしょう。

また、症状によっては脳外科という場合もありますので近くに神経内科や総合病院がない場合には、まずは脳外科を受診してもよいでしょう。

とくに脳や神経には問題がない場合には、整形外科や内科でも大丈夫です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、手のしびれについて御紹介しました。

手のしびれの原因はいろいろありますが、一般的にぶつけたりして一時的にしびれを感じることに問題はありません。

長く症状が続く場合などは、はやめに病院を受診しましょう。