白髪染めって自分でやってる?オススメの白髪染めは?

アラフォー世代の仲間入りをしたぐらいから、自分の髪の毛に白いものがちらほら見られるようになったという方も少なくないでしょう。

7501196

そんな気になる白髪、皆さんはどうされているでしょうか?

美容院で白髪染めしてもらっている方、自宅で市販の白髪染めを使って染めている方、さまざまいると思います。

そこで今回は、そんな白髪染めのいろいろをご紹介しようと思います。

白髪染めは自宅で?

気になる白髪ですが、美容院で白髪染めしてもらうほど多くはないとか、毎回美容院で染めてもらうのはもったいないと考える人もいるでしょう。

最近では、自宅で自分で簡単に染められる白髪染めが多く販売されています。

ですから、市販の白髪染めを上手に利用している方も多いでしょう。

白髪染めもさままざまな種類が販売されていますから、それぞれの特徴をよく知って、自分にあった白髪染めを選びたいものです。

  [スポンサードリンク]

シャンプータイプ、リンスタイプの白髪染め

最近は本当にたくさんの白髪染めがありますが、簡単に染められるということで注目を集めているのがシャンプータイプやリンスタイプの白髪染めです。

白髪染めシャンプーは、髪にダメージを与えることなく白髪を染めたいという方にお勧め。

このシャンプータイプは普段の使っているシャンプーの代わりに使うだけ。

髪や地膚に優しく、手にも優しいので手袋などを使用せずに素手で使えるのも魅力。

そして、一度の使用である程度色がつくものと、数回の使用で色が定着するものがあります。

シャンプータイプの白髪染めはリンスとセットになっているものも多いです。

またトリートメントタイプの白髪染めもあります。

これはシャンプーの後に通常のトリートメントの代わりに使いますが、髪の毛をしっとりとさせるトリートメント効果に加えて白髪染め効果もあるので一石二鳥といえるでしょう。

このようなシャンプータイプやリンス・トリートメントタイプの白髪染めはとっても簡単に使えますが、通常の白髪染めよりは染まりにくいというデメリットもあります。

おすすめの白髪染めは?

さまざまな市販の白髪染めがあるので、どれがいいのかわからずに迷ってしまいますね。

そこで今回は、無添加の髪に優しい白髪染めをご紹介しようと思います。

それが、白髪用ヘアカラーのサスティです。

これはトリートメントタイプの白髪染めなのですが、安全性だけでなく染まり具合もよいと評判の高い白髪染め。

シャンプーをした後の髪に塗布して5分ほど置いておくだけで、白髪を穏やかに染めることができる白髪染めトリートメントです。

天然利尻昆布のフコイダンとアルギン酸がパサついた髪にしっとりとしたうるおいを与えつつ、ミネラル分によって髪に栄養を補給してくれます。

髪の傷みが気になる方や、敏感肌やアレルギー体質の方には特におすすめです。

初回限定のお試しセットがあるので気軽にチャレンジできますね。

白髪があると印象が老けてしまいがちですから、美容院で、自宅で、上手に白髪を染めて若々しい印象を保ちたいですね。