ロングヘアのセルフカットのやり方は?すき方を教えて!

最近、美容院には行かずに自分で髪の毛をカットする方が増えているようです。

セルフカットってちょっと難しそうだけれど、コツをつかめば意外と上手にできるんです。

今回はロングヘアのセルフカットの方法や髪に毛の量が多い人の髪のすき方をご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

ロングヘアのセルフカットに必要な道具は?

それでは、まずセルフカットに必要な道具からそろえていきましょう。

1)ヘアカット用ハサミ

2)すきバサミ

3)櫛

4)ダッカール

5)ヘアゴム

6)霧吹き

このほかに、ケープや風呂敷などがあれば髪を切った時に服や床に落ちないのでおすすめ。

さらに新聞紙を敷いておくと良いでしょう。

基本的な髪の毛の切り方は?

セルフカットロング
出典:http://356412.blog.fc2.com/

それでは、さっそく髪の毛をカットしていきましょう。

1)霧吹きで髪全体に水をかけて濡らしましょう。

2)くしで髪をとかします。

3)ゴムやダッカールで髪を分けます。

  左右前後の5等分ぐらいにしておくと切りやすいでしょう。

4)サイドの髪から切っていきます。

  分けておいた髪をひとつずつ外して櫛で溶かしながら切る長さを決めて、切ります。

  後から前へ、の順番で切っていきましょう。

5)毛先をすきバサミで整えていきましょう。

  すきバサミは髪に対して横向きに入れずに斜めに入れること。

  最後まで刃を閉じないようにしましょう。

6)左右の高さを確認して、長さが違うようであれば最後に整えましょう。

最後の微調整はあまり神経質になるとどんどん短くなりますので要注意。

髪の量が多い時のすき方は?

最近は、すきバサミがあるので自分で簡単に髪の量を調節することができます。

ただ、すきバサミがなくても髪をすくことができます。

髪を着る時のコツは、一番簡単なのがぐーで握ってカットする方法です。

やり方はとっても簡単で、髪の毛をグーで握ってはみ出てところをカットするだけです。

髪の毛のもとにもどすと上手に段が入っています。

髪の毛を少しずつ握ってカットすれば、疑似的に髪の量を減らすことが出来るので挑戦してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ロングヘアのセルフカットの方法をご紹介してまいりました。

ロングヘアの場合にはちょっと失敗してもまだまだやり直しがきくぐらいの長さがあるので挑戦しやすいですよね。

今回ご紹介した方法は比較的失敗しにくい方法なのでゆっくりと挑戦してみてください。