風邪を引いた時におすすめのうどんレシピは?簡単な作り方は?

風邪をひくと体がだるくなったり、食欲がなくて、おいしく食事をすることができませんね。

食欲減退と消化器官が弱っていることで、消化に悪い物を食べると気分が悪くなってしまいます。

そんな時、食べたいのは「うどん」。

そこで今回は、風邪を引いた時におすすめのうどんレシピや簡単な作り方をご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

風邪を引いた時に食べたいうどん

風邪を引いた時にうどんを食べるという方は少なくないですね。

お医者さんでも消化に良いものを食べてくださいと言われて、うどんを食べる人も多いでしょう。

うどんは、炭水化物で比較的消化が早いです。

うどんの種類はいろいろありますが、消化を求めるときにはコシがない物を軟らかく煮こんで柔らかくした方がよいでしょう。

風邪をひいている時は、やわらかくした饂飩を良く噛んで飲むと体もあたたまるのでおすすめです。

特に1歳のお子さんに作る場合はしっかり煮込んで柔らかいうどんを作りましょう。

1歳の子供の風邪に効くうどん

風邪におすすめの生姜をいれたうどんレシピ

それでは、体を温める生姜をいれたうどんの作り方をご紹介しましょう。

材料

うどん1玉 饂飩スープ1袋 生姜適量 ネギ適量 片栗粉大さじ1

作り方

1)沸騰したお湯に饂飩スープをいれます。

2)うどん、生姜をいれて再度沸騰させます。

3)沸騰した片栗粉を水で溶いたものを鍋にいれます。

4)出汁がとろっとしてきたらネギを加えて出来上がりです。

シンプルで食べやすい体がポカポカになる生姜入りうどんです。

ぜひ、作ってみてくださいね。

ふわふわのあんかけ卵とじうどんのレシピ

材料

うどん1玉 水250cc 3倍濃縮麺つゆ50cc 卵1個 長ネギ適量 片栗粉大さじ2分の1

作り方

1)長ネギは5ミリの斜め切りにしてレンジでチンしてしんなりさせます。

2)なべに水と麺つゆを煮たてて饂飩とネギを茹でます

3)お好みの茹で加減になったら器にうどんとネギをもって残った汁に水溶き片栗粉をいれてかき混ぜます。

4)とろみがついたら円をかくように溶き卵をまわしかけ、浮いてくるのをまって大きくかき混ぜてうどんにかけたら出来上がり。

栄養たっぷり、温かい卵とじうどんも風邪を引いた時にぴったりです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、風邪を引いた時におすすめの饂飩のレシピをご紹介しました。

うどんといっても作り方はさまざまですが、風邪を引いた時はできるだけ軟らかく煮て消化しやすいようにするのがポイントです。

そして、体を温めてくれる生姜や栄養たっぷりの玉子などをいれてアレンジするのもおすすめ。

風邪をひいたら饂飩を頂いてみませんか?