胃カメラをする前日の注意点を教えて!食事やアルコールは?

健康診断などで胃カメラをすることが決まるとちょっと不安になりますね。

じつは、胃カメラをする場合には前日に準備が必要になります。

今回は、そんな胃カメラをする前日の食事などの注意点をご紹介いたします。

  [スポンサードリンク]

胃カメラってどんな検査?

胃カメラが初めてという方は、胃カメラ自体どんな検査かわかっていない場合もありますね。

そこでまずは胃カメラについて御紹介しましょう。

胃カメラは、内視鏡を口や鼻から挿入して先端についた超小型のカメラで内部の様子をモニターに映し出して観察します。

病院によって、また医師によっても口からいれるか鼻から入れるかは違いがありますが鼻から入れた方が楽だそうです。

胃カメラを入れる場合には、麻酔薬を使用することが多いのですが口からの胃カメラの場合には麻酔薬を使用しない場合もあります。

その場合は、検査後すぐに変えることができます。

胃カメラ前日

胃カメラ前日の注意点を教えて!

それでは、気になる胃カメラ前日の食事のことからご紹介します。

胃カメラの前日には早めに夕飯を済ませる必要があります。

胃カメラの説明などがかかれた紙を病院から頂きますがそこに何時までに食事を済ませるか書かれています。

胃カメラの検査時間にもよりますが遅くてもよる9時までに夕飯を済ませることになります。

胃カメラは胃の内部をカメラで見るので胃の中に物がのこっていると検査ができなくなるので消化の良いものを選ぶようにしましょう。

ご飯中心のメニューよりも、パン中心のメニューの方が消化もよくおすすめです。

つぎに、飲み物です。

夕食後は基本的に絶食となりますが、夕食の後でも少しであれば水分をとってもOKです。

けれども、のどを潤す程度でごくごく飲むのはやめましょう。

胃カメラの前日のお酒やたばこは?

そして、お酒好きの人が気になるのは前日にアルコールを飲んでいいのかという事かもしれません。

胃カメラ前日の飲酒はできません。

胃カメラは胃の異常を確認する為に行うので、飲酒してよい状態ではありません。

アルコールは胃を荒らしてしまいますので、検査の結果が正しく出なくなります。

そしてタバコも禁止されることがあります。

タバコに含まれるニコチンが唾液に溶けて胃まで流れてしまいます。

このニコチンが胃の粘膜を覆うようになってしまうと検査が正しくできなっくなります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、胃カメラを行う前日に気を付けることをご紹介しました。

はじめての胃カメラという方はちょっと緊張してしまうかもしれません。

まずは、病院からいただく注意事項をしっかりとよんでそれを守って過ごす様にしましょう。