寝過ぎで頭痛がするのはどうして?その原因や治し方が知りたい!

皆さんは、休日はゆっくり眠りたいと思いませんか?

その結果、寝すぎてしまって頭痛が起きてしまうことはありませんか?

どうして寝すぎると頭痛が起きるのでしょうか?

今回は、気になる寝すぎによる頭痛の原因やその治し方などについて御紹介いたします。

  [スポンサードリンク]

どうして寝すぎると頭痛が起きるの?

まずは、寝すぎによる頭痛の原因について学んでいきましょう。

頭痛の種類は2つあって、偏頭痛緊張型頭痛があります。

寝すぎた時にはこのどちらか、または両方が同時に起こります。

偏頭痛の場合には、こめかみ周辺の血管が拡張すうことで起こります。

血管が広がるとその周辺の神経が圧迫されてしまいます。

それが大脳に伝わって頭痛になります。

ズキズキ痛む頭痛でこめかみ周辺がとくに痛みます。

緊張型頭痛の方は血管が圧迫されることで起こります。

肩・首筋といった筋肉が長時間緊張した状態で周辺の血管が締め付けられるために頭痛となります。

後頭部がとくにいたみます。

img-hammer

寝すぎで起きる頭痛の治し方は?

寝すぎた時に頭痛が起こるのは嫌なことですよね。

ではどのように治すことができるのでしょうか?

まずは、拡張した血管を収縮させることが大切です。

そのためには、

・こめかみをひやすこと

・カフェインを摂取すること

・深呼吸をすること

などが効果的です。

こめかみを冷すには保冷剤などをタオルに包んで直接こめかみに当てると良いでしょう。

こめかみを冷すと脳内の血管が収縮します。

コーヒーに含まれるカフェインには血管収縮作用があります。

紅茶や緑茶にもカフェインが含まれていますので、コーヒーが苦手な人はそれでもかまいません。

ロキソニンを頭痛薬代わりに飲む方もいますが、ロキソニンは解熱鎮痛剤ですので最適とはいえません。

薬を飲むのであれば片頭痛用の薬を処方してもらうのをおすすめします。

寝すぎによる頭痛の予防方法は?

では、寝すぎても頭痛が起こらないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

寝すぎの頭痛に効果的な栄養素をしっかり摂っておくことも大切。

たとえば、ビタミンB群は発作の回数を減少してくれます。

頭痛の緩和にはマグネシウム、痛みをおさえるビタミンCです。

とくにマグネシウムには頭痛の緩和効果があり、とくに偏頭痛にはかなりの効果があります。

マグネシウムを多く含み食品は、ホウレンソウや大豆製品です。

普段の食事でもこれらの食品を積極的にとるように心がけておけば、寝すぎの頭痛を和らげることができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、寝すぎたときに起きる頭痛について、原因や治し方について御紹介しました。

気持ちよく寝たとおもったら頭痛なんてちょっと嫌ですよね。

今回ご紹介したような方法を理解して、どんどん取り入れてくださいね。