ピロリ菌の検査について知りたい!費用はどのくらいかかる?食事の制限はあるの?

最近、胃の調子が悪い。

胃炎が続いている。

そんな症状がある場合には、気になるのがピロリ菌です。

今回は、そんなピロリ菌の検査について、その方法や費用などをご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

ピロリ菌の検査方法は?

まずは、ピロリ菌の検査方法からご紹介しましょう。

ピロリ菌の検査方法としては、二つに分けることができます。

胃カメラを使う方法と使わない方法です。

胃カメラを使う方法にもいくつかの検査方法があります。

ひとつめは、迅速ウレアーゼ試験と呼ばれるものです。

これは胃カメラを使って組織を採取してから生検にかける方法です。

基本的には20分~1時間程度で結果が分かるので、その日のうちに結果がわかります。

メリットとしては費用が安くて、簡単なことです。

ただ、除菌治療後の除菌成功確認検査としては適していません。

ほかに、組織鏡検法培養法といった方法もあります。

そして胃カメラを使わない方法にも幾つかあります。

尿素呼気試験では、検査の前に風船のようなパックを膨らませて息を摂っておきます。

そして錠剤の検査薬を飲んで20分後に再び息を取ります。

ピロリ菌の検査費用
出典:ピロリ菌検査.com

この方法はとても簡単なので除菌治療後の除菌成功確認検査としてオススメです。

ピロリ菌検査にかかる費用は?

それでは、実際にピロリ菌を検査するにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

実際にピロリ菌を検査する方法によってかかる費用は変わってきます。

比較的費用が安いと言われているのが、尿素呼気法といわれる検査です。

この方法は、病院により違いますが約5000円前後で検査できますので、初診料を合わせても1万円未満で済むでしょう。

また、内視鏡を使った検査の場合には、費用は1万円後半から数万円かかります。

ただ、保険が効く場合も多いのでそこまで高額にはならないでしょう。

ピロリ菌検査前の食事制限は?

ピロリ菌検査前に食事制限などは必要なのかも気になるところです。

検査方法にもよりますが、例えば尿素呼気放の場合には、当日の朝食は取らずに病院に行きます。

検査前に病院から説明があると思いますのでしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ピロリ菌検査の費用などについて御紹介しました。

ピロリ菌検査の費用はとても高額というわけではありません。

また、保険が適用されることも多いです。

ただ、費用が気になる場合には事前に病院に確認しておくとよいでしょう。