ピロリ菌にヨーグルトが効果的なの?食べ方やタイミング

みなさんは、ピロリ菌にヨーグルトが効果的ということを耳にしたことはありますか?

胃の粘膜に生息するピロリ菌は胃や十二指腸などに病気の原因になるのでできるだけ除菌したいものです。

もちろん病院でピロリ菌を除菌療法を受けることもできます。

けれども、自宅で簡単に除菌できたり予防できたりするなら嬉しいですね。

そこで今回は気になるピロリ菌とヨーグルトの関係について、ご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

ピロリ菌とヨーグルトの関係は?

ピロリ菌にヨーグルトが効果的という事を聞いたことありますね。

ピロリ菌の除菌治療としては抗菌薬を服用する方法があります。

この方法だと約80%が除菌に成功するそうです。

ただ、この方法は薬の副作用によってアレルギー症状がでたり、発疹や痒みなどの症状がでることもあります。

そこで、ピロリ菌の除菌治療の効果を上げるためにヨーグルトを取りいれると効果的といいます。

ピロリ菌に効果的なヨーグルトは?

lg21_main4

そんなピロリ菌に効果的なヨーグルトですが、どのヨーグルトでいいわけではありません。

LG21の固形タイプや液体タイプのヨーグルトを除菌治療の約1か月前から摂取することでピロリ菌の活動を抑制してくれるといいます。

LG21以外にもピロリ菌をおさえるヨーグルトは幾つかあります。

たとえば、ラクトフェリンヨーグルトは、ピロリ菌の数値が2倍以上減少したということです。

また、LC1ヨーグルトは、胃のピロリ菌の働きを抑制する効果があると言われています。

ヨーグルトの効果的な食べ方やタイミングは?

それでは、どのタイミングでヨーグルトを摂取すればいいのでしょうか?

このようなヨーグルトを扱っているメーカーからの説明によると食後に食べることが効果的だそうです。

食前に食べると胃液の分泌量が多いので乳酸菌が死滅してしまうといいます。

また食後ならガストリン分泌などで胃が酸性の状態になっているので乳酸菌の性質に合っています。

3食のうち、どの食事の後でもとくにかまいません。

食べると、リラックス効果や熟睡効果などもあるのでいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ピロリ菌とヨーグルトの関係について御紹介しました。

ピロリ菌に感染しているという事がわかるとちょっとショックを受けてしまいます。

けれども、市販のヨーグルトでもピロリ菌に効果があると言われている物がたくさんあります。

自分にあったものを見つけて、毎日摂りいれていきましょう。