卵の賞味期限切れってどうしてる?1週間なら?何日まで大丈夫?

みなさんは、卵の賞味期限が切れて「どうしよう?」と思ったことはありませんか?

捨てるのはもったいないけれど食べても大丈夫なの?と心配になったりしますね。

じつは卵は賞味期限が切れても生でなければ食べられるなんて話もあります。

そこで今回は卵の賞味期限切れについて、どのくらいなら食べれるのか、どんな風に食べればいいのかをご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

卵の賞味期限設定について

卵の賞味期限ですが、実は生で食べられる期限として表示されているそうです。

夏は、採卵後16日以内、春秋は採卵後25日以内、そして冬は採卵後57日以内とされています。

冬場はかなり持つことがわかりますね。

でもこれ、通常の玉子の事で例えば殻にひびが入っていたりすると通常より傷みやすいので気をつけなくてはいけません。

卵を割った時に黄身が崩れていたり白身の色が変色していると傷んでいる可能性があるので気を付けましょう。

賞味期限切れの卵いつまで食べれる?

賞味期限切れの卵は基本的には加熱してたべることが必要です。

その際に、加熱すれば1ヶ月以内は大丈夫と言われています。

とくに生の卵は古くなるとサルモネラ菌が増加します。

加熱によってこのサルモネラ菌を死滅されることで賞味期限が切れた卵でも食べることができるというわけです。

卵の賞味期限切れはいつまで大丈夫

半熟ではどのくらい食べられるの?

基本的に半熟はしっかりと加熱されていないので、生と同じと考えていいです。

ですから、賞味期限内に食べるようにしたいものです。

もちろん、卵自体が腐ってしまっている場合にはどんなに加熱しても食べることはできません。

では、どのような状態で保存することが理想なのでしょうか?

卵は冷蔵庫で保存している方が多いと思いますが、実は卵は常温で保存することができます。

もちろん直射日光が当たる場所や暑い場所はさけて風通しのよい場所なら保存可能です。

ただ冷蔵保存されている卵を買った場合には、温度変化で卵が傷みやすくなるので、そのまま冷蔵庫で保存しましょう。

冷蔵庫に入れる場合には卵のとがった方を下にして保存します。

まとめ

いかがでしたか?

今回は卵の賞味期限切れをどのように扱うかについてご紹介しました。

いままでもったいないから捨てていたという方も加熱ならある程度は食べれますので確認してみてくださいね。

とはいえ、もちろん新鮮なうちにいただくのが一番なので買いすぎには注意しましょう。