お通夜の髪型!ロングの場合はどんなアレンジがいいの?

お通夜やお葬式の時の服装は喪服とわかっているけれど、意外と困るのが髪型です。

ショートやミディアムヘアなら適当にまとめればいいのだけれど、ロングの場合は一つにまとめるだけでは邪魔になりますね。

今回は、お通夜の髪型でマナー違反にならないようにロングヘアのアレンジマナーなどをご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

お通夜の髪型の注意点は?

お通夜の髪型にはいくつか注意しなくてはいけない点があります。

これは、ロングヘアに限らず、どの髪型でも気をつけなくてはいけないことなので覚えておきましょう。

まずは髪の色についてです。

最近は、明るい色にカラーリングしている方も多いですが、そのまま参列している方もいますね。

けれども、本来なら黒く染めなおしたり、1日だけ黒くする染色スプレーを使ってできるだけ明るい色は避けたいものです。

そして、髪をまとめる高さです。

お通夜やお葬式ではお辞儀をしたり、お焼香することがあるので長い髪が邪魔にならなうようにまとめなくてはいけません。

前髪は顔が見えるように留めて、横髪や後ろ髪は耳より下の位置でまとめるようにしましょう。

それ以上高い位置でまとめるのは派手な印象になりますので避けたいものです。

さらにヘアアクセサリーやヘアワックスの香りにも注意が必要です。

基本的には、ヘアアクセサリーは黒、またがグレーの物を選んでバレッタやシュシュを使う場合には装飾がないシンプルなものにしましょう。

barrette-8

シンプルな大人のロングヘアアレンジ

お通夜に参列する際には、基本的にロングヘアはすっきりまとめなくてはいけません。

大人っぽくロングヘアをアレンジするためには、一番簡単なのが黒いゴムで後ろに一つにまとめたスタイルですがそれだと毛先が長すぎてしまいます。

そこでまとめた髪をねじって丸めてシニヨンにするのが一番でしょう。

シニヨンにするのは簡単で、束ねた髪を同じ方向に3、4回ねじって、ねじりはじめにぐるっと巻いてゴムで留めます。

そのときに出てしまった毛先はピンでしまうようにしましょう。

マナー違反とされるアレンジは?

ロングヘアを横で一本にまとめる方もいますが、これもマナー違反と言われています。

肩が髪がかかるのはあまりよくないとされているので、喪服の時は後ろでまとめる方が無難でしょう。

基本的には、おしゃれにまとめるというよりはすっきりと清潔にまとめることが大切だという事を覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、お通夜の髪型、とくにロングヘアについてご紹介しました。

ご紹介したように基本的には一本にまとめてシニヨンにすることが一番です。

とくにカラーリングしていたりする場合にはできるだけそれが目立たないようにまとめましょう。