友人に送る年賀状に添える一言でおすすめは?ご無沙汰している場合は?

そろそろ年賀状を準備しなくてはいけない時期になってきましたね。

皆さんはもう年賀状のデザインを考えましたか?

デザインは決まったけれど、いつも迷ってしまうのはそれぞれに添える一言。

という方も少なくないでしょう。

そこで今回は、とくに友人に送る年賀状に添える一言としてお勧めの文例をご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

一般的に友人に送る年賀状に使える一言

それでは、まずは一般的な一言からご紹介していきましょう。
 
 ・謹賀新年
  旧年中は大変お世話になりました。
  本年もお互いにとってますますよい1年となりますように。

 ・今年の我が家のニュースは○○です。

 ・最近はどうですか?
  今度久しぶりにあってゆっくり話したいですね。

 ・お仕事は大変ですか?
 
など、親しい友人へ送る年賀状だからこその砕けた一言があってもよいでしょう。

w621_1312208top

ご無沙汰している友人へおくる一言は?

それでは、なかなか会えずに御無沙汰してしまっている友人への一言もご紹介しましょう。

 ・ご無沙汰しています。
  その後、お変わりなくお過ごしですか?
  今年こそは会ってゆっくりお話ししたいです。
  お互いに幸せな一年いなりますように。

 ・あっという間の1年でしたが、○○さんはどんな1年でしたか?
  今度、いっしょにご飯に行きましょう。
  今年もよろしくお願いします。

といった感じに相手の近況をうかがう言葉と再会の約束の言葉をいれた挨拶にしたいです。

近況を伝える一言も◎

年賀状だからこそ伝えられることもあります。

なかなか会えない友人に自分の近況を伝えるのも年賀状のいいところ。

 ・今どんな仕事をしていますか?
  私は相変わらず○○で仕事しています。

 ・相変わらずもまいにちですが家族が1人増えました。

 ・結婚しました。

 ・引越ししました。

といったニュースを一言で添えるのもよいでしょう。

また、

 ・いかがお過ごしでしょうか?

 ・お体を大切に

 ・ご自愛ください。

といった相手の健康を思う言葉も添えるといいですね。

さらに、相手の幸せを願う一言なども付け加えると素敵な年賀状になります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、友人への年賀状に添える一言についてご紹介しました。

友人とは親しい間柄なのですこし砕けた一言でもいいですね。

もらった相手が嬉しくなるような一言や楽しい一言などが添えられていると年賀状を貰うのも楽しみになるでしょう。