ビジネスの年賀状に添える一言について知りたい!顧客やお客様へ送る場合のマナーは?

そろそろ年賀状を準備しなくてはいけない時期になってきましたね。

とくにビジネス上の年賀状は、数も多いので早めに用意しなくてはいけない方も少なくないでしょう。

でも、焦って作って失礼があってもこまりますね。

そこで今回はビジネス上で送る年賀状に添える一言についてのマナーなどをご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

ビジネス上の年賀状には何を書くべきなのか?

まず、気になるのはビジネス上ではどのような年賀状を出すべきなのかということですね。

基本的な年賀を祝う文例や感謝の一言をっ供養にすればいいでしょう。

そして、フォーマットにありがちな一言ではなくて、自分の気持ちをしっかりと表すことが大切です。

相手との1年間の関わりの中で印象に残っている出来事などをかくのもよいでしょう。

取引先へ贈る場合には、年賀状でよい印象を与えられるとその後のビジネスにも影響するかもしれません。

デジタルの時代だからこそ、ひと手間かけて手書きの一言を丁寧に書き入れると良いでしょう。

お客様や顧客への年賀状の文例を教えて

それでは、実際にどのような文章の年賀状を送ればいいのか文例をご紹介しましょう。

「あけましておめでとうございます。

 旧年中はご愛顧ありがとうございました。

 今年は元日よりお得なキャンペーンを開催いたします。

 本年も変わらぬお引き立てをお願い申し上げます。」

このように近々行われるイベントなどのご紹介も入れながら書くと良いでしょう。

年賀状に添える一言 ビジネス

ビジネス上の年賀状を書く際のマナー

まず、大切なのは元旦に確実に届くように早めに準備することが大切です。

とくにお客様への年賀状は元旦にとどくのが当たり前。

取引先に送る場合には、相手の仕事始めには届いているようにしましょう。

そして、手書きで一言はいれるようにしましょう。

会社などではきまったデザインの年賀状がありますがそれを利用する場合でも手書きで一言は淹れるようにしまh層。

さらに大切なことは、宛先と敬称は間違えないようにすることです。

相手の肩書や部署などシッカリと確認してから送るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ビジネス上の年賀状を出す際に添えたい一言などをご紹介しました。

ビジネス上の年賀状では一言とともにマナーがとても大切です。

しっかりとマナーを確認したうえで失礼のないように年賀状を出せるようにしましょう。