ホットミルクの効果!寝る前に飲むとどんな効果があるの?ダイエットにも?

皆さんは、普段ミルクを飲みますか?

寒くなってくるとホットミルクにして飲みたくなるという方も少なくないでしょう。

じつはホットミルクって美味しいだけでなく、体にもいい効果があるんです。

そこで今回はそんなホットミルクの効果についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

ホットミルクを寝る前に飲むとどんな効果が?

ホットミルクを飲むタイミングですが、寝る前に飲むと質の良い睡眠をとれることが知られています。

それはミルクに含まれている3つの成分のおかげなのです。

ひとつめのカルシウムは交感神経の働きをおさえて興奮やストレスを鎮めるリラックス効果があります。

リラックスして自然な眠気を誘うことで良い睡眠がとれるのです。

二つ目のビタミンB12は自律神経のバランスを整える働きがあり生活リズムを整えてくれます。

三つめのトリプトファンは、セロトニンと呼ばれる鎮静作用のある脳内物質を生成します。

また自然な眠気を促す睡眠ホルモンのメラトニンが分解されて、質の良い睡眠を促すことができます。

これらの成分の効果をより実感するためにも寝る前にホットでミルクを飲むことが大切です。

ホットミルクで胃腸が温められて体の芯から温まってから徐々に体温が下がることで眠気を生じ、睡眠へと導かれるのです。

ホットミルク効果

ホットミルクはダイエット効果もあるの?

やっぱり女性にとって気になるのはダイエット効果でしょう。

でも寝る前にホットミルクを飲むと太りそうな気がしますよね。

実際にはどうなのでしょうか?

じつは寝る前にホットミルクを飲むことで良い睡眠を促します。

そして熟睡することで成長ホルモンが分泌されて、新陳代謝がよくなるのです。

新陳代謝がよくなると太りにくくなりますね。

また、美しいお肌にも睡眠が大切ですから美肌効果も期待できるそうですよ。

ホットミルクを飲むタイミングは?

さまざまな嬉しい効果があることが分かったホットミルクですが、いつ飲めばいいのでしょうか?

ホットミルクを飲むタイミングとしては睡眠の1時間前と言われています。

ホットミルクで体があたたまってから体温が下がり始めるまで1時間ぐらいかかるからです。

ホットミルクは熱すぎ、ひと肌程度が一番飲みやすいでしょう。

さらに砂糖やバナナ、カモミールなどの睡眠を促す成分を入れるとさらに効果的です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ホットミルクのさまざまな効果についてご紹介しました。

ホットミルクって寒い時期には飲みたくなりますよね。

おいしく頂けるホットミルクにさまざまな効果があることでより飲みたくなりますね。