天皇誕生日一般参賀について!どのくらいの人数?服装は?

皆さんは、天皇誕生日の一般参賀をご存知ですか?

テレビのニュースなどで見かけたことがある方も少なくないと思います。

でも、実際に行ったことがあるという方は多くはないでしょう。

今回はその天皇誕生日の一般参賀について、日程や訪れる人数、ふさわしい服装などを御紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

天皇誕生日の一般参賀とは?

天皇誕生日の一般参賀は、毎年天皇陛下のお誕生日である12月23日に皇居で行われます。

入場が皇居正門の二重橋からで、退出は坂下門、桔梗門、大手門、平川門、北桔梗門となっています。

天皇陛下がお出ましになられる時間ですが、1回目が午前10時20分ごろ、2回目が午前11時ごろ、そして3回目が午前11時40分ごろとなっています。

正門が開いている時間は、午前9時30分から午前11時20分まで。

ですからその時間内には到着しなくては、天皇陛下にお目に架かれません。

午後も一般参賀があります。

ただ午後は記帳のみとなっていて、天皇陛下のお出ましはありませんので気を付けましょう。

記帳だけでかまわないという方は午後12時30分~午後3時30分まで記帳可能です。

天皇誕生日一般参賀にはどのくらいの人がくるの?

気になるのは天皇誕生日の一般参賀にどのくらいの人がくるのかという事ですね。

実際のデータだと毎年3万人近い人が集まっているようです。

短時間のそれだけの人が集まるのですから、混雑が予想されます。

ただ実際に二重橋前の皇居前広場にいってみるとかなりの広さなので安心です。

とはいっても、多くの人が一度に移動しようとするので、移動には時間がかかることを考えておきましょう。

天皇陛下誕生日の一般参賀

天皇誕生日一般参賀に行く際の服装は?

天皇誕生日一般参賀は、天皇陛下をお迎えするのでボランティアの方が日の丸の旗を配っています。

服装にもとくに決まりはありません。

ただ、やはり天皇陛下にお目にかかるということで、清潔な格好で行かれる方が多いようです。

また、女性の方で気を付けたいのがヒールの高い靴は避けることです。

とうのも、皇居内は坂道がありますし、一度の多くの人が移動しますから歩きやすいことが一番だからです。

また、手荷物検査やボディチェックもありますのでペットボトルや瓶の持ち込みはできません。

気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、天皇誕生日一般参賀についてご紹介しました。

なかなか天皇陛下のお目にかかる機会もないので、このような機会を利用してみてもいいですね。

詳細をチェックして、ぜひ今年は天皇誕生日一般参賀に行ってみましょう。