枝豆の栄養について知りたい!カロリーや成分は?効能は?

枝豆と言えば、やっぱりおつまみとして頂くことが多いですが、サラダにしたりとレシピもいろいろ。

でも、枝豆の栄養ってご存知ですか?

あまりご存知ない方が多いと思います。

そこで今回は、枝豆の栄養について、成分やカロリー、効能をご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

枝豆の栄養とカロリーは?

まずは、枝豆の栄養とカロリーを見ていきましょう。

枝豆100gあたりのカロリーは186kcalです。

栄養素は、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンK、カリウム、食物繊維、鉄分、カルシウムなどが含まれています。

とくにビタミンCは一日に必要な摂取量が100mgで、枝豆100gに37.2mg含まれていますのでかなり豊富といえます。

大豆で有名なイソフラボンも枝豆には含まれており、更年期障害の改善に役立ちます。

ほかにもビタミンKやビタミンB1などは豊富に含まれていますので積極的にとりたい食品と言えます。

ただし、食べ過ぎには注意が必要です。

枝豆にはプリン体が多く含まれていますが、このプリン体を多く摂取すると痛風の原因になってしまいます。

枝豆の栄養と効能は?

枝豆の栄養
出典:http://michinoku-f.net/

それでは、栄養素が豊富に含まれているとわかった枝豆は食べることでどのような効能があるのでしょうか?

まずは、枝豆に多く含まれる鉄分です。

女性で貧血という方は少なくないと思いますが、貧血になる原因の一つが鉄欠乏症です。

鉄分不足で貧血になるという方の場合には、鉄分が豊富な枝豆は貧血予防になります。

鉄分は、冷え性やむくみ改善にも効果があるので女性にはうれしい食材です。

つぎにモリブデンという聞きなれない成分。

モリブデンは枝豆に非常に豊富に含まれているのですが、とてもさまざまな効果があります。

鉄分の摂取を助け貧血を防止する効果、糖質や脂質の代謝を助ける効果、肝臓や腎臓の酵素を助ける効果、そして体内の毒素を排出するデトックス効果などがあります。

とくに体内の毒素を排出してくれる効果があるので、疲労回復に大活躍してくれます。

冷凍の枝豆でも栄養分は変わらない?

枝豆は好きだけれど、毎回塩ゆでするのは面倒なので冷凍したものを購入するというかたもいます。

そこで気になるのが冷凍の枝豆でも栄養素は変わらないのかということです。

実は、市販されている冷凍の枝豆は新鮮な枝豆を急速冷凍しているので栄養価は殆ど落ちないと言われています。

とはいえ、いったん解凍したものをもう一度冷凍してしまうと栄養価が落ちてしまうので解凍したものはなるべく早く食べるようにしましょう。

また、自分で塩ゆでした枝豆を冷凍するのは、急速冷凍などの設備がないので栄養価が落ちてしまう可能性があります。

ですから、出来れば旬の時期に新鮮な物をあじわうのが一番いいということです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、枝豆の栄養についてご紹介しました。

枝豆は意外と栄養豊富で驚いた方もいるのではないでしょうか?

ぜひ、旬の時期には美味しく枝豆を頂きたいですね。