取引先への仕事納めの挨拶について知りたい!挨拶状の書き方は?簡単な例文は?

皆さん、そろそろ今年も終わりに向かってきました。

仕事納めは何日かももうわかっていますよね。

仕事納めには、取引先や社内でお世話になった方がたにご挨拶をして気持ちよく締めくくりたいものです。

そこで今回は、取引先への仕事納めに挨拶について、挨拶状の書き方などを御紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

社外や取引先への仕事納めの挨拶は?

基本的には、仕事納めの挨拶周りは上司とともに訪問することが多いでしょう。

ですから、事前にスケジュールを調整しなくてはいけません。

仕事納めの日は、企業によっても違いますので確認しておく必要があります。

また、会社によっては形だけの挨拶などを断っている場合もありますので、そのような情報もチェックしておかなくてはいけません。

ご挨拶は、一年のお礼と感謝の気持ちを誠意をもって伝えるようにします。

また、年内の仕事や成果なども手短に盛り込んで、いそがしい時期に手間を摂らせないように心がけましょう。

取引先への仕事納めの挨拶の文例は?

それでは、実際の取引先への挨拶状の文例を御紹介しましょう。

「株式会社○○ 代表取締役○○様

 前略

 いつも大変お世話になっております。

 おかげさまで、御社をはじめ大勢のみなさまのお力添えによって

 本年も無事に仕事納めを迎えることができます。

 こころから、お礼申し上げます。

 
 また来年以降も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

 時節柄、ご自愛のうえ、よいお年をお迎えください。

 株式会社○○

 代表取締役 ○○、スタッフ一同」

といった感じはいかがでしょうか?

もちろん、この文例にお世話になったことなどを分かりやすく盛り込んでもいいでしょう。

shutterstock_174966617

メールで取引先に仕事納めの挨拶をする場合は?

社外への挨拶をメールで行おうと思っている場合に気を付けることはいくつかあります。

ひとつは、1年間の取引に対する感謝の言葉をかくこと。

ふたつめは、年末年始の営業の予定を書くことです。

これを踏まえて、メールでの挨拶文をご紹介しておきましょう。

「いつもお世話になっております。

 株式会社○○の○○です。

 
 今年も残すところ、あとわずかとなりますた。

 本年も格別のご高配を賜り改めてお礼を申し上げます。

 弊社の年末年始の休業期間については、

 下記のとおりとなります。

 年末年始休業期間 12月▽▽日(○)~1月▽日(○)

 新年は、1月▽日(○)9時より営業開始となります。

 本年中のご愛顧に心よりお礼を申し上げますとともに、

 来年も引き続きのお力添えを頂きますようにお願いいたします。

 どうぞ良い御年をお迎えください。」

このような感じになります。

ぜひ、参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、取引先への仕事納めの挨拶についてご紹介しました。

いくつか文例もご紹介しておりますので、失礼のない挨拶で終えて気持ちよく新しい年を迎えましょう。