年末の挨拶、ビジネスメールについて知りたい!社内や社外へのメールは?

年末年始というと、取引先や仕事でお世話になっている方へ挨拶をしなくてはいけません。

挨拶周りする時間がないという方は、メールでの挨拶だけでもしっかりしておきましょう。

メールでの挨拶ならお互いに負担も少なくて、相手からも喜ばれます。

そこで今回は、そんな年末の挨拶のビジネスメールの書き方についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

年末の挨拶メールのポイントは?

まずは、年末の挨拶メールのポイントをご紹介しましょう。

始めに忘れてはいけないことは、今年の御礼をかくことです。

「本年も大変お世話になりましてありがとうございました。」

という言葉を文頭にもってきましょう。

つぎに、相手の名前をいれましょう。

「○○さまのおかげで、つつがなく業務を進めることができました。」

「△△プロジェクトでは、○○さまから学んだことがとても役に立ちました。」

といった感じです。

そして、メールで失礼しますというお詫びも入れておきましょう。

「メールで失礼ながら、年末のご挨拶とさせていただきます。」

と書きましょう。

さらに、年末年始の休業期間を知らせて、最後に「どうぞよいお年をお迎えください」と書きましょう。

といれましょう。

これが基本のメールの形です。

年末 挨拶 ビジネス メール

年末の挨拶メールの文例は?

それでは、上でご紹介したポイントを踏まえた文例を御紹介しておきましょう。

「本年も大変お世話になりましてありがとうございます。

 ○○さまのおかげでつつがなく業務を進めることができました。

 今年の○○プロジェクトでは、○○さまから多くのことを学びました。

 
 来年こそは信頼されるパートナーになるべく頑張りますので

 引き続きご指導をお願いいたします。

 メールで失礼ながら、年末年始のご挨拶とさせていただきます。

 なお、弊社の年末年始休業期間は以下のとおりです。

 ・12月○日から1月○日

 新年は1月○日9時からの営業となります。

 
 それでは、どうぞよいお年をお迎えください。

 来年もよろしくお願いいたします。」

といった感じでいかがでしょうか?

自分らしいメールを書きましょう

ここで、文例を御紹介しましたがやはり自分らしい言葉でメールを書くことが一番です。

また、1対1ではない場合には、「ご芳情に社員一同感謝申し上げます」などという言葉を使うとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、年末年始のあいさつメールについてご紹介しました。

年末のご挨拶は、ひとりひとり回る時間はなかなかないのでメールでも丁寧にごあいさつすることが一番です。

ここで御紹介したポイントを踏まえて、失礼のないメールを送るようにしましょう。