お歳暮のお礼状(ビジネス編)の書き方が知りたい!手書きの場合は?

仕事でお歳暮を頂く機会は少なくありませんね。

そして、お歳暮を頂いたらお礼状を送らなくてはいけません。

でも、お礼状ってどんな文で送ればいいのかわからないという方も少なくありません。

そこで今回は、お歳暮を頂いた場合のお礼状の書き方についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

お歳暮お礼状の書き方のポイントは?

それでは、まずはお歳暮のお礼状の書き方のポイントからご紹介しましょう。

お歳暮のお礼状には、お歳暮を頂いたことへの感謝を伝えることが大切です。

挨拶の言葉から、お歳暮を頂いたお礼と感謝の言葉、家族も喜んでいるということなどをかきましょう。

また、終わりには末永いお付き合いをお願いする言葉相手の健康や息災を願う言葉を入れるようにしましょう。

お歳暮のお礼状は頂いたら出来るだけ早く出すことが大切です。

手紙でお礼状を出すと丁寧でよいでしょう。

はがきで出すのも失礼には当たりませんが、目上の方に対してははがきではなく手紙でだしましょう。

ib002_main

お歳暮のお礼状の文例は?

それでは、実際にビジネスで使えるお歳暮のお礼状の文例をご紹介していきましょう。

「拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 
 さて このたびはご丁寧にも結構なお品物を御寄贈賜り、

 誠にありがたく厚くお礼申し上げます。

 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 略儀ながら書中にてお礼申し上げます。

 平成○○年○月○日

 株式会社○○○○
 代表取締役 ○○○○    」

といったお礼状だと簡潔でどんな相手でも送りやすいですね。

また、

「拝啓 師走の候 ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。

 さてこのたびは結構な品をご恵贈頂きまして、
 ご芳情のほどまことにありがたく、お礼申し上げます。

 貴社のますますのご発展をお祈り申し上げますとともに
 今後一層のご交誼のほどお願い申し上げます。

 年末余日少なき折から、皆様の一層のご健勝と貴社のますますのご発展を
 心からお祈りいたします。

 略儀ながら書中をもってお礼申し上げます。

 平成○○年○月○日
 株式会社○○○○
 代表取締役 ○○○○  」

といった感じでもよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ビジネス上のお歳暮のお礼状の書き方についてご紹介しました。

お歳暮を頂く機会は多いけれど、頂いたらできるだけ早く御礼状を送りたいところです。

ぜひ、今回の記事を参考にお礼の気持ちがしっかりと伝わるようにお礼状を送りましょう。