毎日のコーヒーが脂肪を燃やしていた???

日常的に飲んでいるコーヒーが、実は美容と健康に優れた効果があることをご存知でしたか?

そのヒミツは「クロロゲン酸」という聞き慣れない成分にありました。

コーヒーに含まれるという「クロロゲン酸」とは・・・

クロロゲン酸とは

クロロゲン酸は、主にコーヒー豆やじゃがいも等に含まれるポリフェノールの一種です。

抗酸化作用に優れ、脂肪の蓄積を抑える効果があるといわれています。

クロロゲン酸の健康効果

・ダイエット効果
・脂肪肝予防効果
・糖尿病予防効果

クロロゲン酸

コーヒークロロゲン酸に脂肪消費の働き

体内の脂肪燃焼に深く関わっているのが「ミトコンドリア」という燃焼器官です。

脂質はミトコンドリアの酵素の働きで燃焼しエネルギーに変換されます。

コーヒークロロゲン酸は、このミトコンドリアに働きかけ脂肪の取り込みを促進するため、脂質が効率良く燃焼し体脂肪が減少します。 

ミトコンドリアへの脂質の取り込みを活性化するだけでなく、コーヒークロロゲン酸を継続飲用することによって、脂質が分解、燃焼しやすくなることが最近わかってきました。

その効果は、入ってくる脂肪、たまった脂肪の両方に効果的です。

コーヒーは体に悪い・・・そんな常識は覆りそうですね。

適度なコーヒーは、心にも体にも良い効果がもたらされるのです。

  [スポンサードリンク]

痩せるコーヒーの飲み方

1日1回飲むだけでOK

脂肪を燃焼させるには、1日1回185gのコーヒーを飲むと良いといわれます。

クロロゲン酸の含有量を通常のコーヒーより増やした、
クロロゲン酸コーヒーをお飲みになるとさらに効率的です。

いつ飲んだら効果的なのか

ダイエット目的でない限り、いつでも好きなタイミングで飲めばOKです。

コーヒークロロゲン酸は、食事などの脂肪吸収を抑えるのではなく、体内での脂肪燃焼を促し消費しやすくするため、飲む時間に規制はありません。

ダイエット目的であれば、運動をはじめる20分~30分前に飲むようにすると
より効果があらわれやすくなります。

昼寝をする前にコーヒーを飲むと、すっきり目覚めることができ、午後からの活力の違いに驚かれることでしょう。

20分程度の昼寝の間に、コーヒーの有効成分が全身に行き渡り、目覚めた後がすっきりしますよ。

飲み続けることで脂肪が燃えやすくなる

痩せるためには継続して飲み続けましょう。

コーヒーを飲むことが習慣になっている方の継続は簡単ですが、慣れていない方は、自分で飲み続けられる時間帯を見つけて、是非継続してコーヒーを飲んでみて下さい。

コーヒーを飲む習慣をつければ、
いつの間にか脂肪が燃えやすい体になっているはずです。

インスタントコーヒーでも効果があるか

クロロゲン酸は、インスタントコーヒーでも摂ることが出来ます。

コーヒーの優れたダイエット効果

コーヒーに含まれるカフェインには、消化酵素の働きを活発にするリパーゼという脂肪を分解する酵素が含まれています。

クロロゲン酸の脂肪分解効果と加えて、ダブルで脂肪分解効果が期待出来るのです。

脂肪分解の作用をサポートする2つの栄養素を含んだコーヒーは、まさに優れたダイエット飲料といえます。

コーヒーは一度にたくさん飲むのではなく、3~4時間おきにこまめに飲みましょう。

おすすめは、やはりホットのブラックですね。