お手軽簡単に!スムージー生活はじめませんか?

世界中で広がるスムージーの優れた効果とは・・・

スムージーとは、野菜やフルーツと水をブレンダーで混ぜ合わせたものをいいます。

材料と作り方は驚くほど簡単シンプルながら、毎日コップ一杯飲むだけで体に良い変化が起こり始めます。

特に生の緑の葉野菜で作る「グリーンスムージー」は地球上で最も栄養が豊富な食品です。

green smoothie

現代人に圧倒的に不足しているといわれる「緑の野菜」。この緑の野菜不足を解消し、体調不良や現代病を改善するカギが「スムージー」にあります。

緑の野菜を日常的に効率良く摂取するためには、「スムージー」での摂取が効果的。

スムージーで取り入れることによって、エネルギーのレベルが上がります。

スムージー摂取の必須3原則

スムージーを効率良く摂取するには守るべき③つのポイントがあります。

①スムージー摂取を習慣にすること
②スムージー摂取の時間帯を決めること
③スムージーは作りたてを飲むこと

①スムージーは、すぐに効果が期待できるわけではありません。

長期間続けることで効果が体感出来ます。

ある程度続けて摂取してはじめて体に変化が出てきますので、「飲まないと落ち着かない」「何か忘れているような気がする」という状態になるぐらい継続して摂取しましょう。

②スムージーを摂取する時間帯は、ズバリ!朝がおすすめです。

昼や夜は仕事の状況や外食などで管理が難しいため、確実に摂取可能な「朝」が理想的です。

③スムージーは作りたてを飲みましょう。

スムージーの材料である野菜や果物の栄養素は、酸素に触れると栄養価が下がります。

作りたてをすぐに飲み干してしまいましょう。

  [スポンサードリンク]

スムージーレシピ

色とりどりのカラフルなスムージーがおうちで作れます。

お子様にも人気なおいしいスムージーレシピをご紹介しましょう。

娘が大好きな苺とバナナのスムージー

7a214f208322ac75823a022a5e322fe1

材料(1人分)

苺 5~6個
完熟バナナ 1本
牛乳(豆乳でもOK) 100ml
砂糖(お好みで)  適宜 

作り方

① 苺とバナナを小さく切って冷凍庫に入れておきます。

② ミキサーに①と牛乳を入れてスイッチを入れ全体に混ざれば出来上がり。

※完熟バナナを使えば、甘味料は不要です。

お子様にも大人気の苺は一日に必要なビタミンCの所要量を満たせるので毎日飲ませてあげましょう。

ダイエットにおすすめ!オレンジスムージー

88578be1bff2cee385a742a1a1fa2713

材料(1人分)

バナナ 1本
オレンジ 1個
オレンジジュース 50CC
生姜汁(お好みで)

作り方

① オレンジは皮をむいて薄皮を残します。

② バナナも切ってミキサー、もしくはジューサーにかけて出来上がり。

※冷凍バナナを使うとよりおいしく出来ます。

薄皮をつけたままでも飲める場合はミキサーで砕きましょう。

繊維質も一緒に摂れるのでおすすめです。  

スムージーはお好みのフルーツと野菜で作れるので、お好みで色々とアレンジしてみましょう。

カロリー過多にならないよう、野菜の割合を多めにすることも大切です。