お年玉袋を手作りしたい!折り紙で作る作り方は?和紙で作る作り方は?

皆さんは、お年玉をお子さんや親戚の子どもにあげる時のお年玉袋はどうしていますか?

市販の物を購入していますか?

市販のお年玉袋も可愛いけれど、その年の干支が入っていたりして余ってしまうと困りますよね。

それなら手作りしてみるのはいかがですか?

今回は、お年玉袋の作り方をご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

折り紙でつくる簡単お年玉袋

お札を四つ折りか三つ折りにして渡す時にちょうど良いサイズのお年玉袋を折り紙で作ってみましょう。

準備するものは、一般的な15センチ角の折り紙1枚です。

作り方

1.完全に折ってしまわないように、横半分の両サイド、縦半分の上のみ、折り紙の端に印をつけます。

2.下1センチ位を内側におります。

3.さらに横半分のところまで折ります。

4.折り返した部分の端を三角に折ります。

5.負った三角にあわせて、縦に折ります。

6.縦に折った上側を中心にあわせて三角に折ります。

7.それを下に折って、中心に入れ込んだら完成です。

とっても簡単でかわいいお年玉袋なので、覚えておくと便利でしょう。

和紙と和柄の折り紙でつくるお年玉袋

次は、ちょっとおしゃれなお年玉袋を作ってみましょう。

用意するものは、和柄の折り紙1枚と無地の和紙1枚です

作り方

1.2枚の折り紙の裏を合わせて1枚にします。

  和柄の折り紙を表にしましょう。

2.次に端から裏側が見えるように少し斜めにおります。

3.それをひっくり返して約三分の一程度おります。

4.そこの蓋をするように反対側からも折ります。

5.両端1センチ程度を裏側へ折って出来上がりです。

とってもシンプルだけれど、和柄がおしゃれで意外と可愛いのでおすすめ。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

お年玉袋 手作り おもしろ

ハートのかわいいお年玉袋

最後にハートが印象的な可愛いお年玉袋の作り方もご紹介しましょう。

用意するのはハートにあいそうな可愛い柄の折り紙1枚。

作り方

1.折り紙をひし形に置いて、半分におって、さらに半分に折ります。

2.折った部分をさらに上にもどす様に半分に折ります。

3.負った部分を開いてハートになりように曲線を描きます。

  そしてハサミでカットします。

4.ハートを開いて上下を裏側へ折ります。

  折ったら裏側は上下どちらかに入れ込めば出来上がりです。

ハート型のかわいいお年玉袋のできあがりです。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、手作りのお年玉袋の作り方をご紹介しました。

今まで市販のお年玉袋を使っていた方も今回の記事を参考に作ってみてはいかがでしょうか?

きっと、手作りのぬくもりを感じられるので喜んでもらえるでしょう。