ママだってたまには外食したい!

どうしても一人になりがちなお昼。
さびしくお昼を過ごすママのための「ママランチ」

ママランチは、家事や育児から一時的に開放される大切な時間。

出費は痛いながらも、毎日の家事ストレスからわずかながら開放されることで、
ストレス解消にもなって気持ちもリフレッシュします。

imgkatuyou2

幼稚園ママに聞いたママランチの実態

ママランチに行く回数

ママランチは、月に2回、2~3ヶ月に1回、月に1回 
といった頻度で出掛けることが多いようです。 

一ヶ月あたりの平均回数は1人あたり1.6回程度と、あまり多いとはいえません。

積極的にママランチに出掛ける理由としては、「1人で食べるより楽しい」
「情報交換出来る」「ストレス解消になる」という意見が最も多く、
消極派の理由としては、「下の子がいる」「仕事を持っている」が最も多いようです。

ママランチに使う金額

ランチ一回あたりの平均金額は1,200円ほどで、
回数が多ければ多いほどお財布事情は厳しいようですね。

ママランチに誰と行く?

ママランチに出掛ける相手としてダントツ1位を
占めているのは「幼稚園のママ友」です。

同じ境遇にあることや、話題も共有できるという理由が主です。

本音をさらけ出しリラックスした時間を過ごせるという理由で
幼稚園意外のママ友や、友人、母親、姉妹などの意見も多いようです。

ママランチのお店は

ママランチの基本は「お財布に優しくて長居出来ること」
さっさと昼食だけを食べるのが目的ではないママランチは、
リーズナブルで長居出来るお店であることが大前提です。

そんな条件を満たしているのはやはりドリンクバー付きのチェーンレストレン。

他には、クーポンを利用したり口コミを参考にしたり情報誌で探したりと、
お店選びもママランチの楽しみのひとつのようです。

  [スポンサードリンク]

ママランチに望む条件

ママランチには行きたいけれど、下の子やお財布事情が厳しくて
なかなか積極的に行けない・・・といったママの切実な声があることも事実。

ママランチに望む条件として、口コミの多かったものとしては

・ドリンクバーがあること
・子供連れOKであること
・離乳食メニューがあること
・ママ優待サービスなどがあれば行きやすい
・ヘルシーメニューのお店

といったものが多いです。

このような声が反映されたお店が近くにあれば、
ママランチに行きたくても行けなかったママが
気軽に出掛けられるのではないでしょうか。

ママランチの「ココがいい!」

ママランチ積極派にとってママランチは家事や育児から解放される唯一の場所。

毎回お店が同じであっても、行けないよりはいいという意見や、
いつも自分が作ってばかりの食事を誰かに作ってもらえて、
後片付けも気にしなくて食べられるのが良いという意見、
ママランチは疲れた心に効くビタミンという意見もあり、
ママにとってかけがえのない休息の場所といえます。

家事の忙しさや育児のイライラを抱えて悶々と生活するよりは、
適度にストレスを解消することも必要です。

ママランチで心の栄養を養い、頑張れ!ママ!