確定申告の時期について知りたい!いつからいつまで?過ぎてしまったら?

みなさんは、確定申告どうしていますか?

ちょっと面倒だな~と思いながら、毎年頑張って書いていますか?

個人で確定申告をする上で、大切なことといえば申告期限をしっかり守ることです。

そこで今回は、確定申告の時期についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

2016年の確定申告期間は?

それでは、まずは2016年の確定申告期間をご紹介しておきましょう。

2016年の確定申告期間は、2月16日(火)~3月15日(火)です。

この期間中に、2015年分の会計結果を税務署へ確定申告しなくてはいけません。

そして、税務署の開庁時間は月曜日から金曜日の8時半から17時となっています。

ただ、確定申告期間内は、一部の日地曜日に開庁していたり、相談&申告書受付を行っている税務署もあります。

ちなみに確定申告の提出方法は幾つかあります。

1 管轄の税務署へ直接行って確定申告書類を提出する方法。

2 管轄の税務署へ郵便で確定申告書類を送る方法。

3 e-Taxを使ってネットで確定申告する方法。

この3つが基本となります。

確定申告 期限
出典:http://sevenrich-ac.com/

確定申告の申告期間が過ぎてしまったら?

確定申告しなくてはいけないとわかっていても、いそがしくてなかなかできない。

気が付いたら確定申告の申告期間が過ぎてしまった。

そんな経験はありませんか?

確定申告しなくてはいけない所得があるにも関わらず、申告手続きをしないまま3月15日が過ぎてしまったら、無申告加算税や延滞税が課せられてしまいます。

けれども、もちろん期限を過ぎてしまったとしても申告を行わなくてはいけません。

法定申告期限の2週間以内より前に自主的に期限後申告をすると、無申告加算税を課せられることはありません。

定められた納税期間や期日については十分に注意して、申告するようにしましょう。

確定申告の還付金はいつ?

確定申告をして、還付金がある場合、できるだけ早めに還付されたいですよね。

還付金は、速やかに支払手続きをされるようになっています。

ただ、申告書の記載内容や添付書類などの審査や支払い手続きを適正に行う為に所要の処理を正確に行う必要があるので、支払い手続きにある程度二っすが必要となる場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、確定申告の期間についてご紹介しました。

確定申告をしなくてはいけない方は少なくないと思いますが、面倒なことなどで後回しにしていてすっかり期限を過ぎてしまわないように気を付けたいものですね。