名古屋市農業センターのしだれ梅まつり!見どころは?見頃は?

冬の寒さが少し落ち着いてくると、春が待ち遠しくなりますね。

春といえば、桜をイメージする方が多いと思いますがその前に愉しめるのが梅です。

日本各地に梅の名所がありますが、今回は名古屋市農業センターのしだれ梅まつりについてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

名古屋市農業センターのしだれ梅まつりとは?

まずは、名古屋市農業センターについて、ご紹介しましょう。

名古屋市農業センターは、農業復興のために農業技術の普及や指導を行ったり、農業に親しむ機会を造っている所です。

名古屋市農業センターでは、牛や羊の放牧場や各種鶏の展示などの畜産動物の施設もあります。

さらにお花の展示もあって、花や野菜の栽培温室、やさいの畑など園芸施設もあります。

また農業センターで絞った生乳で作られた牛乳やアイスクリームを楽しむこともできます。

中でもジェラートが特に人気で有名になっています。

そんな名古屋市農業センターでのしだれ梅まつりは、毎年2月下旬から3月下旬まで行われます。

しだれ梅まつりの期間中には、地元農家が新鮮野菜を販売したり、大道芸がおこなわれたり、小動物とのふれあい広場もあります。

小さなお子さんからお年寄りまで家族みんなで楽しめるでしょう。

名古屋市農業センターしだれ梅まつり
出典:http://4travel.jp/

名古屋市農業センターしだれ梅まつりの見どころは?

そんな名古屋市農業センターのしだれ梅まつりの見どころといえば、やはり12品種700本のしだれ梅が両側に咲き誇る遊歩道でしょう。

ピンク色のちいさなお花が垂れ下がるしだれ梅は、普通の梅とは違う風景を作り出します。

梅といえば、サクラよりも満開の時期が長いので、長く楽しむことができます。

また数種類の梅の開花時期が異なるので、何度か行っても見ごろを楽しめるのです。

おすすめは甘い香りが特徴の蝋梅です。

その香りをぜひ楽しみたいと思いませんか?

見頃は、例年3月初旬には満開で、散りはじめは3月の中旬ごろとなります。

今年も天候の大きな影響がなければ、2月下旬から3月中旬ごろが見ごろとなるでしょう。

しだれ梅まつりもこの時期に開催予定となっています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、名古屋市農業センターのしだれ梅まつりについてご紹介しました。

この名古屋市農業センターは、梅だけでなく楽しめる施設がたくさんあるので、

梅を楽しむついでにたっぷりと農作物を楽しんだり、美味しい食事を楽しんだりと、

家族皆で楽しめるでしょう。